ホ  ー  ム 最 新 の 収 蔵 こ だ わ り 情 報 郷之澤文庫 について お 問 合 わ せ

 「 郷 之 澤 文 庫 」 に つ い て

「 郷之澤文庫 」 について

「 郷之澤文庫 」 は、管理人の所蔵書誌の 「 私的収蔵庫(?)」 の呼称です。

意図的な 「 収蔵対象者 」 は、「 司馬遼太郎 」 の他、「 子母澤 寛 」、「 綱淵 謙錠 」、「 広瀬 正 」、「 三浦 浩 」、「 井上 博道 」( 写真家 )、「 近藤 紘一 」、「 小野寺 浩二 」、「 光瀬 龍 」、「 星 亮一 」、「 中津 文彦 」、「 近藤 唯 之」 ( スポーツ、文庫本 )」 及び 「 山際 淳司 ( スポーツ、文庫本 ) 」 です。

「 広瀬 正 」、「 三浦 浩 」、「 井上 博道 」 及び 「 近藤 紘一 」 は、 「 司馬遼太郎 」 との関わりで収蔵しました。 管理人が考えている収蔵 完了まで、あと一息です。

「 小野寺 浩二 」、「 光瀬 龍 」、「 星 亮一 」 及び 「 中津 文彦 」 は、 「 出身高校 」 との繋がりで、 ある意図を持って収蔵して居ります。

以上、 更なる充実を目指して頑張りたい処ですが、様々な制約も年々増して居り、何処まで頑張れるかは未定です。

「 司馬遼太郎 郷之澤文庫 」 について

「 司馬遼太郎 郷之澤文庫 」 は、「 郷之澤文庫 」 のなかでも、特に精力を注いで居る、「 司馬遼太郎 」 の 「 著作書誌 」 や 「司馬遼太郎」 についての 「 関連書誌 」 の 「 収蔵庫(?) 」 の呼称です。

「 司馬遼太郎 」 に嵌る切っ掛けは、昭和56年頃、某ゼネコンからの技術出向者であった 「 菅野氏 」 から、通勤電車で読める面白い小説として、 「 竜馬がゆく 」 の文庫本を推奨され読んだことでした。 以来、殆んどの文庫本の司馬作品は、通勤電車で読んで終いました。

定年が頭をよぎる 頃になると、何をして楽しむかも、朧気ながら考える様になり、その一つとして、サラリーマン生活のなかで、存分に楽しませて貰い、ある意味、種々のストレスを発散させて貰った 「 司馬作品 」 を、改めて読み直すことでした。 その際、何故か 「 初版本・初出書誌 」 で読むことが、最高の 「 至福 」 ではないかとの思いに囚われてしまった様です。 このことが、「 司馬遼太郎 郷之澤文庫 」 発足の 「 原点 」 となりました。

定年直後からは、 「 初版本・初出書誌 」 が、ほぼ満足出来る程度に収蔵出来たとの思いから、当初の拘りは捨て、 自然発生的に収蔵して居ります。 また、 収蔵書誌の保管・保存方法についても考えたりしますが、未だ結論至らずの状況です。 更に、その頃には、漠然とですが、何らかの形で公開したいという思いも、頭の片隅に芽生えて居た様に思います。

 管 理 人 に つ い て

H N : 郷之澤 

誕生年 : 昭和24年 ( 丑年 ・ 蟹座 )

誕生地 : 岩手県 ・ 一関市

現住所 : 東京都 ・ 府中市

 本 ホ ー ム ペ ー ジ 制 作 の 経 緯

制作に当たっての勉強会

先の、何らかの形で公開したいという思いのなかには、ホームページでの公開も在りましたが、 歳が歳だけに、自力制作は諦めかけて居ました。

2010年6月、府中市の 「 広報 ふちゅう 」 にて、市民提案型市民活動支援事業 「 ホームページ勉強会 」 ( 主催:NPO法人 アマフェッショナル TAMA ) への参加募集の記事が目に止まり、説明会を経て参加することが 出来ました。

PC 操作も儘ならない状況は変わりませんが、何とか最低限の技術レベルは確保出来た様です。 主催者、 講師( 代表 : 吉田 様 / 斉藤 様 / 春日 様 ) 及び勉強会の皆様には、大変お世話になりました。 更なるご指導 ・ ご支援、宜しくお願い致します。

制作で 使用した ソフト

制作に 当たって 使用した ソフトは、以下の 通りです。

  ez−HTML v7.68.2 ( 窓の杜 : HTMLタグエディタ )

  FFFTP v1.97a ( 窓の杜 : FTP接続 )

  JTrim v1.53c ( 窓の杜 : 画像補正・加工 )

制 作 経 過

2017/10/01  正式公開

2017/09/30  全体的レイアウト再見直し、用語の統一作業終了

2017/08/10  全書誌情報の入力作業完了。 全体的レイアウト再見直し、用語の統一作業開始

2017/06/13  「 特集書誌 」 / 「 作品特集 」 & 「 総括特集 」 & 「 追悼特集 」 の 「 雑誌類 」 と 「 特集書誌 」 /
    「 記念館 」 ( 会誌 「 遼 」 他 ) を 追加公開

2017/03/23  「 小説 」 & 「 戯曲 」 & 「 随筆 」 & 「 紀行 」 & 「 対談 」 & 「 講演 」 / 「 初出書誌 」
    〔 主として雑誌類 〕 の書誌情報入力完了。 「 著者書誌 」 の 各項目トップ頁の追加 と 各頁の見直し改訂完了

2017/03/10  「 司馬遼太郎論 」 / 「 作品評論 」 & 「 総括評論 」 / 「 雑誌他 」 の書誌情報入力完了

2017/02/27  「 司馬の推薦 」 / 「 広瀬 正 」 & 「 三浦 浩 」 & 「 井上博道 」 & 「 近藤紘一 」 の書誌情報入力完了

2017/02/07  「 著作書誌 」 / 「 初出書誌 」 & 「 特集書誌 」 / 「 雑誌類 」 & 「 司馬遼太郎論 」 / 「 雑誌他 」 の
    書誌情報の入力完了。 「 著者書誌 」 の 各項目トップ頁の追加 と 各頁の見直し改訂開始

2014/08/27  「 特集書誌 」 / 「 作品特集 」 & 「 総括特集 」 & 「 追悼特集 」 と 「 司馬遼太郎論 」 / 「 作品評論 」
    & 「 総括評論 」 〔 何れも、 「 雑誌類 」 を 除く 〕 の書誌情報入力完了

2013/08/08  「 戯曲 」 / 「 戯曲集 」 & 「 公演PF 」 & 「 TVドラマ 」 と 「 随筆 」 / 「 随筆集 」 & 「 推薦 」
    & 「 競作集 」 と 「 紀行 」 / 「 他の紀行 」 & 「 競作集 」 と 「 対談 」 / 「 対談集 」 & 「 対談者著作集 」 と
    「 講演 」 / 「 講演集 」 & 「 TVの書誌 」 の書誌情報入力完了

2011/06/15  「 著作書誌 」 / 「 小説 」 / 「 長編集 」 と 「 中&短編集 」 の書誌情報入力完了をもって、暫定公開

2011/03/18  ホームページ制作勉強会 修了式

2011/03/04  三回目の意見交換。 「 著作書誌 」 / 「 小説 」 / 「 長編集 」 より、書誌情報の本格的な入力を開始

2011/02/04  当ホームページの雛形完成。 ホームページ制作勉強会にて、技術的問題点等の意見交換

2010/12/15  ホームページ制作勉強会にて、当ホームページ制作着手

2010/09/03  ホームページ制作勉強会 参加

 更 新 履 歴

2018/05/02  トップページの 「 関連書物 」 掲載数を更新

2018/03/17  「 こだわり情報 」 更新

2017/10/01  正式公開

2017/06/13  第七次暫定公開 : 「 特集書誌 」 / 「 作品特集 」 & 「 総括特集 」 & 「 追悼特集 」 の 「 雑誌類 」 と
    「 特集書誌 」 / 「 記念館 」 ( 会誌 「 遼 」 他 ) を 追加公開

2017/03/23  第六次暫定公開 : 「 小説 」 & 「 戯曲 」 & 「 随筆 」 & 「 紀行 」 & 「 対談 」 & 「 講演 」 /
    「 初出書誌 」 〔 主として雑誌類 〕 を 追加。 「 著者書誌 」 の 各項目トップ頁の追加 と 各頁の見直し改訂

2017/03/10  第五次暫定公開 : 「 司馬遼太郎論 」 / 「 作品評論 」 & 「 総括評論 」 / 「 雑誌他 」 を 追加

2017/02/27  第四次暫定公開 : 「 司馬の推薦 」 / 「 広瀬 正 」 & 「 三浦 浩 」 & 「 井上博道 」 & 「 近藤紘一 」
    を 追加

2014/08/2