ホ  ー  ム 「 著 作 書 物 」 の インデックス 「 関 連 書 物 」 の インデックス
「 特 集 書 物 」 「 作 品 特 集 」 「 総 括 特 集 」 「 追 悼 特 集 」 「 記  念  館 」
書 籍 あ 〜 と 書 籍 な 〜 ん 月  刊  誌 反 司 馬 論

国文学解釈と鑑賞  /  宝 島  /  文 藝  /  歴史読本

国 文 学 解 釈 と 鑑 賞

雑誌名 : 司馬遼太郎の世界  ///
国文学解釈と鑑賞 別 冊
/ 編集 : 志村有弘 / 平成14年7月1日 発行 / 発行所 : 至文堂
A5判・SC / 発行者 : 川上潤 / 印刷・製本 : 大日本印刷 / 裏表紙写真撮影 : 渡部芳紀 /
定価 2,730円( 本体 2,600円 )
( 口絵 ) 文学アルバム 司馬遼太郎 :( 撮影・解説 )渡部芳紀 /
司馬遼太郎の世界 ―― 編者まえがき : 志村有弘 / 文人・司馬遼太郎 : 磯貝勝太郎 /
司馬遼太郎・その周囲 司馬遼太郎 ―― 俯瞰される故郷 : 岩崎文人 他7編 /
人間 司馬遼太郎 人生の重み:田辺聖子 他3編 / 司馬遼太郎の文学世界 創作方法:志村有弘 他27編 /
司馬遼太郎語録( 10語録 ): 山田篤朗 編 / 文学ガイド 愛染明王 : 豊嶋泰國 他101編
 ( 小説短・長編、随筆集、紀行文集、対談集 )/ キーワード事典 役行者 : 志村有弘 他20編 /
司馬遼太郎年譜 : 岸睦子 / 司馬遼太郎主要参考文献目録 : 川村治夫 /
紹介・司馬遼太郎記念館 : 上村洋行 / 司馬遼太郎文学散歩 : 渡部芳紀 / 執筆者一覧( 70名 )
(表紙裏 文)  古代から明治期にいたる歴史の群像を活写し、
 日本の文化、日本の行く末を案じつづけた司馬遼太郎。
この国民的作家が他界してから早くも六年の歳月が流れた。
この特集は、司馬遼太郎の生きざまとその文学、そしてその偉大な文化遺産などを
 再検討するための企画であり、司馬遼太郎の生涯、文学上の軌跡、思想、作品ガイドなど、
 様々な視点から平易に解説され、文人・司馬遼太郎の全体像、その巨大な世界が一望できる。

宝 島

雑誌名 : 別冊宝島 13811号
 【 シリーズ偉大な日本人 】 全日本人に贈る「 国民作家 」からのメッセージ 司馬遼太郎  ///
発行日 : 2007年1月14日 / 発行所 : 宝島社 / B5判・アジロ綴じ / 創刊人 : 蓮見精一 /
共同発行人 : 関川誠 / 藤澤英一 / 編集長 : 宮川亨 / 編集 : 欠端大林 /
表紙・本文デザイン・本文DTB:オフィスアント / 表紙イラスト:原田久仁信 /
本文写真:産経新聞社 / 文藝春秋社 / 井上博道 / 販売責任者 : 板垣賢一 / 政策責任者 : 伊藤俊之 /
印刷所 : 東京書籍印刷 / 定価 1050円 ( 本体 1000円 )  ///   他 への 再掲 省略
表紙裏 :『 坂の上の雲 』より / イントロダクション :『 二十一世紀に生きる君たちへ 』より /
【 序章 司馬遼太郎「 10大伝説 」】  伝説 @ 「 二十一世紀に生きる君たちへ 」/
  伝説 A 「 直木賞 」―― 『 梟の城 』/ 伝説 B 「 新聞記者 」/ 伝説 C 「 古書が消える 」/
  伝説 D 「 二十二歳の自分への手紙 」/ 伝説 E 「 竜馬がゆく 」/ 伝説 F 「 街道をゆく 」/
  伝説 G 「 大阪外国語学校蒙古語科 」/ 伝説 H 「 結婚 」/ 伝説 I 「 大河ドラマ 」/
【 第1章  未来の人たちへ 】 「 名場面 」で読む司馬作品@  @ 美しい生涯・司馬遼太郎名場面2場面 /
  A 自分の考えで・同2場面 / B 人間はたいしたもの・同1場面 / C 自ら学ぶと・同2場面 /
  D コドモの部分・同2場面 / E 存在しない人・同2場面 / F 自分の手で・同2場面 /
【 第2章  日本と日本人 】 「 名場面 」で読む司馬作品2  @ 国語が大事・司馬遼太郎名場面2場面 /
  A 土地公有化論・同3場面 / B 会社と社員・同2場面 / C 成功のあと・同2場面 /
  D 実直とは・同2場面 / E 無思想の思想・同2場面 / F 議論のゆくえ・同2場面 /
【 第3章  歴史を旅して 】 〜 主要歴史小説ガイド 〜  司馬遼太郎歴史小説 01 「 竜馬がゆく 」/
  同 02 「 燃えよ剣 」/ 同 03 「 功名が辻 」/ 同 04 「 国盗り物語 」/
  同 05 「 坂の上の雲 」/ 同 06 「 空海の風景 」/ 同 07 「 ひとびとの跫音 」/
  同 08 「 菜の花の沖 」/ 同 09 「 韃靼疾風録 」/
【 第4章  司馬さんと私 】  ある担当編集者の回想 「 二十一世紀に生きる君たちへ 」: 赤穂光男 /
  司馬遼太郎さんを偲ぶ : 井上博道 / 【 対談 】 元・担当編集者が語る「 明るい 」随想録
  もういちど、司馬さんの話 : 和田宏*山形眞功 ・ 【 column 】 和田・山形コンビ「 天丼事件 」/
【 第5章  司馬遼太郎ヒストリー 】  「 司馬遼太郎記念館 」: 上村洋行 / 司馬遼太郎 年譜 /
  司馬遼太郎 作品ガイド / Epilogue : 別冊宝島編集部 / 参考文献 /
  裏表紙裏 :『 洪庵のたいまつ 』より

文 藝

雑誌名 : KAWADE夢ムック  文藝別冊  司馬遼太郎 ― 幕末 ・ 近代の歴史観 ―  ///
2001年9月30日 発行
/ 発行所 : 河出書房新社 / A5判 ・ SC / 編集人 : 西口徹
発行人:若森繁男 / 印刷人:北島義俊 / 印刷所:大日本印刷 / 本文組版: メディア・ファクトリー
/ 装幀:真島和馬 / 本文・目次AD : 岩瀬聡 / 表紙写真 : 野上透 / 定価 1200円 ( 本体 1143円 )  ///   他 への 再掲 省略
【 エッセイ 】  司馬遼太郎 : 自分の作品について / 梅原猛( タイトル省略、以下同じ )/ 岡井隆 /
  山内昌之 /
【 対談 ・ 座談 】  司馬遼太郎 * 大宅壮一 : わが愛する維新群像の人物評定 /
  司馬遼太郎 * 鶴見俊輔 : 歴史の中の狂と死 /
  司馬遼太郎 * 橋川文三 * 野口武彦 :「 翔ぶが如く 」と西郷隆盛周辺
【 論 考 】  鷲田小彌太( タイトル省略、以下同じ )/ 半藤一利 /
【 特別対談 】  関川夏央 * 成田龍一( タイトル省略、以下同じ )/
人名事典  幕末明治人物群像27の幕末・明治 人物群像 : 八巻実・編 / 
幕末 ・ 近代物ガイド 10  難波利三( タイトル省略、以下同じ )/ 伊藤成郎 / 嶋岡晨 / 重里徹也 /
  外川淳 / 島内景二 / 藤島宇内 / 冨士正晴 / 長山靖生 / 樋口覚 /
【 対 談 】  山崎正和 * 五百旗頭真( タイトル省略、以下同じ )/ 松本健一 * 石川好 /
【 資 料 】  司馬遼太郎 幕末・近代短編ガイド : 清原康正 /
  司馬遼太郎 幕末・近代エッセイガイド : 細谷正充 /
  文庫で読む司馬遼太郎の幕末・近代物( 長編・短編・エッセイ・対談 他 )/ 司馬遼太郎略年譜
《 メ モ 》  編集後記 あり

歴 史 読 本

雑誌名 : 臨時増刊6月号  第52巻 第6号 通巻814号  ///   他 への 再掲 省略
2007年4月20日 印刷 / 2007年6月1日 発行 / 発行所 : 新人物往来社
A4変形判?・アジロ綴じ / 発行人:菅春貴 / 編集人:酒井直行 / 編集スタッフ:
本多秀臣 / 聴濤真悠子 / 松方範行 / 表紙 ・ 本文デザイン : 岡田武彦 / 鈴木美佐 /
企画・編集:インターノーツ / 川村力 / 小暮周吾 / 今井照容 / 表紙写真:篠山紀信 /
写真:佐藤哲郎 / 川村力 / 高部哲男 / マップ:小野寺美恵 / 校正 : 小野寺由紀子 /
印刷所 : 図書印刷 / 定価 : 980円( 本体 933円 + 税 )
維新の風雲に生きる剣豪商人 : 司馬遼太郎 〔『 歴史読本 』昭和三十六年一月号より再録 〕/
一回同席五百生――司馬遼太郎と私 : 森村誠一 / 私にとっての遼かなる人 : 浅田次郎 /
女性の描き方をとおしてみた司馬作品の魅力 : 谷沢永一 / 司馬遼太郎の日本 : 松本健一 /
【 ブックガイド 】  司馬遼太郎 幕末維新小説 主要作品 : 竜野務 /
【 司馬遼太郎の幕末維新小説を寄港する 】  『 竜馬がゆく 』を歩く――長崎 : 山中麻弓 /
【 特別寄稿コラム@ 】  司馬さんの「 竜馬語録 」: 山形眞功 /
『 世に棲む日日 』の長州路を歩く : 今井照容 / 時代小説に吹いた新しきリアリズム : 山本一力 /
司馬さんは日本の歴史に精通していればこそ過去を単純に美化していないし明るい未来を確信していた。:
  太田光 / 司馬遼太郎を歩く : 竜野務 /
『 竜馬がゆく 』や『 峠 』のなかには司馬さんの青春時代の戦争体験が写り込んでいる : 武田鉄矢 /
『 燃えよ剣 』 を歩く@――新選組のふるさと・多摩 : 諸田玲子 /
『 燃えよ剣 』を歩くA――鳥羽伏見の戦い:山本音也 / 鳥羽伏見 最後の戦闘:考証・画・文 藤井尚夫 /
土方歳三の死を巡る謎 : 考証・画・文 藤井尚夫 / 『 奇妙なり八郎 』を歩く――京都・三条 : 朝倉喬司 /
『 花神 』を歩く――上の戦争と居酒屋散歩 : 中川六平 /
『 峠 』を歩く――「 英雄児 」か「 最後の武士 」か河井継之助という男 : 関川夏央 /
日本国家を分裂した長白戦線 : 考証・画・文 藤井尚夫 / 『 王城の護衛者 』を歩く――会津若松 : 竜野務 /
『 翔ぶが如く 』を歩く――南島から見た西郷隆盛 : 日高恒太朗 /
【 対 談 】  司馬遼太郎と明治維新と日本人 : 成田龍一 * 紅野謙介
「 特 集 書 誌 」 「 総 括 特 集 」 書 籍 あ〜と 書 籍 な〜ん 月  刊  誌 反 司 馬 論