ホ  ー  ム 「 著 作 書 物 」 の インデックス 「 関 連 書 物 」 の インデックス
「 司 馬 遼 太 郎 論 」  /  「 作 品 評 論 」 「 書    籍 」 「 雑    誌 」
あ 〜 さ す 〜 に ぬ 〜 ふ へ 〜 ん 反 司 馬 論

宝 石 / 本の雑誌 / 本 の 話  / 本 の 窓  / 山梨県立文学館 / 流 動 / 歴 学 /
歴史街道 / 歴史群像 / 歴史研究 / 歴 史 通 / 歴史と人物 / 歴史と旅 / 歴 史 道 /
歴史読本  /  歴史文学  /  論 座

雑誌名 : 宝 石

1994 / 6  第22巻 第6号  ///
一九九四年六月一日 発行
/ 発行所 : 光文社 / A5判・SCじ / 編集人 : 末廣紀雄 /
発行人:森元順司 / 印刷人:藤田弘道 / 印刷所:凸版印刷 / イラスト : 佐藤三千彦 /
表紙・目次デザイン:鈴木一誌・蒲谷孝夫・竹内さおり / グラビアデザイン・本文レイアウト :
大竹左紀斗 / デザインページ写植 : 井上聖昭・井上典子り / 定価 六五〇円( 本体 631円 )
司馬関連 :【 雑誌の中に単行本一冊 】  痛快! 爽快! 夢いっぱい 時代小説の快楽
 秘術を尽くして戦いあう忍者小説の世界のすごさ : 筆者? 〔『 梟の城 』『 風神の門 』
《 メ モ 》  ――

雑誌名 : 本 の 雑 誌

別冊 本の雑誌 A  読み物作家100人集  ///
発行:1982年6月10日 / A5判・SC / 発行所: 本の雑誌社 / 編集 : 本の雑誌編集部 /
発行人 : 目黒考二 / 印刷 : 三晃印刷 / 表紙・本文カット : 沢野ひとし / 写真 : 中山慶治 /
プリント : 花房治男 / 制作 : 市村慶子 / 進行 : 岡田敏子 / 定価 1000円
本文手引 / ( 本書成立の事情 )/ 【 読み物作家100人集 】
 〔 58 司馬遼太郎の本 大衆読物≠フ原点なのだ ―― 司馬遼太郎の10冊( 文 : 寺嶋圭 /
  『 風神の門 』『 風の武士 』『 梟の城 』『 尻啖え孫市 』『 俄 浪華遊侠伝 』『 空海の風景 』
  『 燃えよ剣 』『 峠 』『 世に棲む日日 』『 坂の上の雲 』
)〕/
掲載図書・索引 / 作家索引 / 出版社一覧 / ( 編集後記? )
《 メ モ 》  ―――
2010年4月号  第35巻4号 ( 通巻322号 )  ///
2010年4月1日 発行
/ A5判・SC / 発行所 : 本の雑誌社 / 発行人 : 浜本茂 /
編集人:椎名誠 / 編集部 : 松村眞喜子 / 浦高晃 / 制作 : 市村慶子 / 表紙デザイン :
和田誠 / 表紙イラスト ・ 本文カット : 沢野ひとし / 定価 680円( 本体 648円 )
司馬関連 : 司馬遼太郎はご当地で売れているのか!
《 メ モ 》  特集 ご当地小説グランプリ!


雑誌名 : 本 の 話

1996 / 12月号  第二巻 第十二号 通巻第十八号  ///
平成八年十二月一日 発行
/ 発行所 : 文藝春秋 / A5判 ・ 中綴じ / 編集人 : 和田宏 /
発行人:新井信 / 印刷人 : 藤田弘道 / 印刷所 :凸版印刷 / 表紙 デザイン : 坂川栄治 /
イラストレーション ・ 表紙の言葉 : 山本容子 / 頒価 一〇〇円 ( 本体 九七円 )
司馬関連 :【 特集 歴史・時代小説の愉しみ 】  《 ジャンル別ベスト5 》
〈 剣豪小説 〉 剣の刃先に時代が移る : 桶谷秀昭 〔 燃えよ剣 〕/
〈 いい女 〉 子供で大人で : 出久根達郎〔 竜馬がゆく( 文庫本写真 あり )〕/
〈 忍者物 〉 霧たち消える国の住人たち : 鷲田小彌太 〔 梟の城 〕/
〈 闇の人々 〉 歴史の闇をえぐる五篇 : 山室恭子 〔 梟の城
《 メ モ 》  【 文藝春秋 出版案内12月 】 〈 12月の本 〉 司馬遼太郎の世界 文藝春秋編 /
〈 文春文庫 〉 TBS元旦特別番組「 竜馬がゆく 」原作 竜馬がゆく( 全八冊 )
2000 / 5月号  第六巻 第五号 通巻第六十号  ///
平成十二年五月一日 発行
/ 発行所 : 文藝春秋 / A5判・中綴じ / 編集人 : 宇田川眞 /
発行人:白川浩司 / 印刷人:藤田弘道 / 印刷所:凸版印刷 / 表紙 デザイン:坂川栄治 /
銅版画・表紙の言葉 : 山本容子 / 頒価 一〇〇円( 本体 九五円 )
司馬関連 :【 特集 浅田版「 新選組 」の魅力 】 新選組を小説や映画はどう描いたか : 縄田一男
 〔 男の典型を描いた司馬遼太郎(『 新選組血風録 』『 燃えよ剣 』 )/ 新しいスターの誕生 /
  『 始末記 』のできるまで / 「 イサム 」ではなく「 イサミ 」/ 六〇年安保と沖田総司 /
   浅田次郎の目指すもの / 写真 : 新選組血風録 東映ビデオ ) 栗塚旭の出世作 〕
《 メ モ 》  ――
2003 / 1月号  第九巻 第一号 通巻第九十二号  ///
平成十五年一月一日 発行
/ 発行所 : 文藝春秋 / A5判・中綴じ / 編集人 : 小林昇 /
発行人:丹羽不律 / 印刷人:足立直樹 / 印刷所:凸版印刷 / 表紙 デザイン:坂川栄治 /
銅版画・表紙の言葉:山本容子 / 本文 イラスト : 大高郁子 / 頒価 一〇〇円( 本体 九五円 )
司馬関連 :『 司馬遼太郎対話選集 』について 関川夏央氏に聞く
 〔 ●『 司馬遼太郎対話選集 』が果たすべき役割 / 関川近影 〕
《 メ モ 》  【 文藝春秋 2003年1月の本 担当編集者から一言 】
  司馬遼太郎 関川夏央監修 解説・解題 『 司馬遼太郎対話選集3――日本文明のかたち 』( SK ) /
【 文藝春秋 出版案内1月 】  〈 文藝春秋 1月の本 〉 司馬遼太郎対話選集3 日本文明のかたち /
〈 好評既刊 〉 司馬遼太郎対話選集2 歴史を動かす力 / 司馬遼太郎対話選集1 この国のはじまりについて
2005 / 5月号  第十一巻 第五号 通巻第百二十号  ///
平成十七年五月一日 発行
/ 発行所 : 文藝春秋 / A5判 ・ 中綴じ / 編集人 : 鈴木重遠 /
発行人 : 平尾隆弘 / 印刷人 : 足立直樹 / 印刷所 :凸版印刷 / 表紙 デザイン : 坂川栄治 /
銅版画 ・ 表紙の言葉 : 山本容子 / 本文 イラスト : 大竹雄介 / 頒価 一〇〇円 ( 本体 九五円 )
司馬関連 :【 特集 司馬遼太郎 短篇小説の世界 】 司馬遼太郎にとっての短篇の意味 : 関川夏央 /
司馬遼太郎賞受賞者が選ぶ私の好きな司馬さんの短篇 「 アームストロング砲 」: 立花隆 /
 「 貂(てん)の皮 」: 宮城谷昌光 / 「 奇妙なり八郎 」: 関川夏央 / 「 果心居士の幻術 」:宮部みゆき /
 「 故郷亡じがたく候 」: 山内昌之 / 「 果心居士の幻術 」「 おお、大砲 」: 松本健一 /
司馬遼太郎短編筆暦(ふでごよみ)( 一 ) : 山野博史 /
【 連載 第J回 】 大和屋女将の語る昭和のサムライたち : 櫻川一郎〔 司馬遼太郎と山村雄一の会談設定他 /
  写真 : 大和屋女将 ・ 阪口純久(きく)さん 〕
《 メ モ 》  【 文藝春秋 2005年5月の本 担当編集者から一言 】
  司馬遼太郎 『 司馬遼太郎短編全集 』 第二巻( NY )/
【 文藝春秋 出版案内5月 】  〈 文藝春秋 5月の本 〉 司馬遼太郎短篇全集 第二巻 /
〈 好評既刊 〉 司馬遼太郎短編全集 第一巻 / 以下、無用のことながら
【 文藝春秋 4月に出た本 】 司馬遼太郎短篇全集 第一巻

2005 /  6月号  司馬遼太郎短篇筆暦 ( 二 ) : 山野博史 〔 担当編集者からの一言 : 第三巻( NY )〕
2005 /  7月号  司馬遼太郎短篇筆暦 ( 三 ) : 山野博史 〔 担当編集者からの一言 : 第四巻( NY )〕
2005 /  8月号  司馬遼太郎短篇筆暦 ( 四 ) : 山野博史 〔 担当編集者からの一言 : 第五巻( NY )〕
2005 /  9月号  司馬遼太郎短篇筆暦 ( 五 ) : 山野博史 〔 担当編集者からの一言 : 第六巻( NY )〕
2005 / 10月号  司馬遼太郎短篇筆暦 ( 六 ) : 山野博史
               〔 担当編集者からの一言 : 第七巻( NY ) / 半藤 『 清張さんと司馬さん 』( TY )〕
2005 / 11月号  司馬遼太郎短篇筆暦 ( 七 ) : 山野博史 〔 担当編集者からの一言 : 第八巻( NY )〕
2005 / 12月号  司馬遼太郎短篇筆暦 ( 八 ) : 山野博史 〔 担当編集者からの一言 : 第九巻( NY )〕
2006 /  1月号  司馬遼太郎短篇筆暦 ( 九 ) : 山野博史 〔 担当編集者からの一言 : 第十巻( NY )〕
2006 /  2月号  司馬遼太郎短篇筆暦 ( 十 ) : 山野博史 〔 担当編集者からの一言 : 第十一巻( NY )〕
2006 /  3月号  司馬遼太郎短篇筆暦 ( 十一 ) : 山野博史
               〔 担当編集者からの一言 : 第十二巻(NY) / 関川 『「坂の上の雲」と日本人』UH)〕

2006 / 4月号  第十二巻 第四号 通巻第百三十一号  ///
平成十八年四月一日 発行
/ 発行所 : 文藝春秋 / A5判・中綴じ / 編集人 : 小林昇 /
発行人:平尾隆弘 / 印刷人:足立直樹 / 印刷所:凸版印刷 / 表紙 デザイン : 坂川栄治 /
銅版画・表紙の言葉 : 山本容子 / 本文 イラスト : 大竹雄介 / 頒価 一〇〇円( 本体 九五円 )
司馬関連 : 司馬遼太郎短編筆暦( 十二 ) : 山野博史
《 メ モ 》  【 文藝春秋 2005年5月の本 担当編集者から一言 】  〈 4月 の文春文庫より 〉
  司馬遼太郎 『 この国のはじまりについて――司馬遼太郎対話選集1 』/
 『 日本語の本質――司馬遼太郎対話選集2 』
( NY )/
【 文藝春秋 出版案内5月 】  〈 文春文庫4月の新刊 〉
  司馬遼太郎 この国のはじまりについて  司馬遼太郎対話選集1 /
  日本語の本質――司馬遼太郎対話選集2( NY )/
〈 文藝春秋 3月の本 〉 司馬遼太郎短篇全集 第十二巻

雑誌名 : 本 の 窓

'86 / 9 ・ 10合併号  第九巻 第八号 通巻第五十二号  ///
昭和六一年一〇月一日 発行
/ A5判・平綴じ / 発行所 : 小学館 / 編集人 : 眞杉章 /
発行人 : 相賀徹夫 / 印刷所 : 図書印刷 / 表紙画 : 丹羽尚子・「 沈黙 」( 昭和52年 /
表紙解説 : 三輪英夫 )/ カット : 江崎玄 / 定価 一〇〇円
司馬関連 :【 随 想 】 司馬さんと見た桜島 : 風間完
 〔『 翔ぶが如く 』の司馬さんとの取材旅行記 / イラスト : 風間 / 風間略紹介 あり 〕
《 メ モ 》  ――

山 梨 県 立 文 学 館

雑誌名 : 企画展  正岡子規とその時代  ///
二〇〇六年九月二十三日 発行
/ 編集・発行:山梨県立文学館 / A4判・SC / 監修:飯田龍太 /
編集委員:和田克司 / 資料撮影 : 西村義次 /  便利堂 / 演示 : 日本通運 / グラフィック :
オーツープランニング / 表紙:下村為山画 河東碧梧桐識 / 裏表紙:「 春夏秋冬帖 」より中村不折画
開催にあたって : 近藤信行 他 / T 明治の青春 / U 新しい文芸の風 / V 糸瓜咲いて /
W 子規歿後 〔「 坂の上の雲 」:「 坂の上の雲 」原稿 日本近代文学館蔵 第一部「 根岸 」の章冒頭 /
 「 サンケイ新聞 」夕刊 1968(昭和43)年9月12日 / 秋山好古・真之兄弟生誕の地( 2006年4月撮影 )/
 「 坂の上の雲 」第五部あとがきより 他 〕/  主な展示資料一覧 /
出品・協力者 : 安晟淑 他14名( 福田みどり )/ 今治市河野美術館 他15機関( 司馬遼太郎記念財団
《 メ モ 》  ――

雑誌名 : 流 動

1976 / 11月号  第八巻 十一号  ///
昭和五十一年十一月一日 発行
/ 発行所 : 流動 / A5判・平綴じ / 編集人:佐藤修 /
発行人 : 倉林公夫 / 印刷所 : 大日本印刷 / 表紙 : 小谷修一〈 菊 〉/ 本文カット :
赤瀬川原平 / 井上洋介 / 澤井憲治 / つげ忠男 / 定価 三五〇円
司馬関連 :【 特別企画 大衆文学傑作50選 】
 『 龍馬がゆく 』 司馬遼太郎 〔 産経新聞( 昭三七・一 〜 四一・五 )〕: 片岡啓治
《 メ モ 》  ―――

雑誌名 : 週刊ダイヤモンド別冊  歴 学

2010.1.11号  第八巻 十一号  ///
2010年1月11日 発行
/ 発行所 : ダイヤモンド社 / A4変形判?・アジロ綴じ /
雑誌編集局 局長:鎌塚正良 / 局次長:中田雅久 / 編集長 : 岩崎卓也 / 編集部 : 新井幸彦 他3名 /
表紙・本文デザイン アートディレクション:野口孝仁 / デザイン:斉藤芳憲 / イラスト:田中英樹 /
編集協力 : 田中順子 他3名 + アジール・プロダクション他 / 定価 780円( 本体 743円 )
司馬関連 :【 特集 坂本龍馬と幕末・維新のリーダーたち 】  大志を抱け! 常識にとらわれるな!
司馬遼太郎『 竜馬がゆく 』金言集 : 小澤啓司
 〔 自然と身についた経済感覚 / 敵の脅威を前に希望と可能性を見出す /
   後れを取ってもマイペースを崩さず / 困窮いとわず天下に身を投じる /
   日本とは何か、日本人とは何か / 準備を整え、世の趨勢を知り、時期をとらえる /
   逃げも隠れもせず、命を失うことも恐れず / 大事を成すには他人に功を譲り潔く /
   抄文出典 : 司馬遼太郎著『 竜馬がゆく 』( 文春文庫 )
《 メ モ 》  ――

雑誌名 : 歴 史 街 道

1998 / 10  通巻第126号  ///
平成10年10月1日 発行
/ 発行所:PHP研究所 / B5判・SC / 編集人・編集長 : 寺田昭一 / 発行人 : 江口克彦 / 印刷所 : 大日本印刷 / 編集者 : 根本騎兄 他5名 / アートディレクション :
ウエル・プランニング / 表紙画・表紙のことば : 黒鉄ヒロシ / 本文デザイン : 神長文夫 他5名 /
普及スタッフ:北村民雄 他9名 / 広告スタッフ:川北吉孝 他1名 / 定価 600円( 本体 571円 )
司馬関連 :【 特別企画 】 司馬遼太郎は「 明治維新 」をいかに語ったか : 鷲田小彌太
 国家も商売である ―『 菜の花の沖 』/ 蒸気で動く軍艦一隻と、西洋式砲台を一つつくれ ―『 花神 』/
 人間の才能の中で最も希少なのは軍事的才能であろう ―『 花神 』/
 わが国のみ鎖国の旧套を守っていることは不可能である―『 最後の将軍 』/
 革命はきっと成る。…天皇のもと万民一階級 ―『 竜馬がゆく 』/
 たれもが、「 国民 」になった。―『 坂の上の雲 』/
 西郷とその徒の死は、前時代から引き継いできたエネルギーの終焉であったろう ―『 翔ぶが如く 』/
 この男に天下をとらせる ―『 新選組血風録 』/ 才能とは光のようなものだな ―『 北斗の人 』/
 古賀塾は、継之助にとっていわば図書館としての魅力であろう。―『 峠 』 /
 「 信や、貧乏がいやなら、勉強をおし 」―『 坂の上の雲 』
《 メ モ 》  《 広告 》 NHKビデオ 『 太郎の国の物語 』 : 日本通信教育連盟 《 生涯学習局 》
2009 / 8  通巻256号  ///   平成21年7月6日 発行 / 発行所 : PHP研究所
B5判・SC / 編集人:辰本清隆 / 発行人 : 江口克彦 / 編集者 : 永田貴之 他4名 /
表紙画・表紙のことば : 黒鉄ヒロシ / アート・ディレクション : ウエル・プランニング /
本文デザイン : 浅野邦夫 他2名 / 普及スタッフ : 仲野進 他5名 /
広告スタッフ : 川北吉孝 他1名 / 定価 630円( 本体 600円 )
司馬関連 :【 特別企画 】  司馬遼太郎が描いた名城
熊本城 :『 翔ぶが如く 』/ 小田原城 :『 箱根の坂 』/ 岐阜城 :『 国盗り物語 』/
松山城 :『 坂の上の雲 』/ 姫路城 :『 播磨灘物語 』/ 大阪城 :『 城塞 』/ 備中松山城 :『 峠 』/
彦根城 :『 街道をゆく 近江散歩、奈良散歩 』/ 会津若松城 :『 王城の護衛者 』
〔 写真提供 : フォト・オリジナル / 米里耕治 / 林義勝 〕
《 メ モ 》  《 広告 》 DVD 『 司馬遼太郎と城を歩く 』 : PHP研究所
歴史街道1月号別冊  小説歴史街道  1994.1 誕生号  vol.1  ///
平成6年1月1日 発行
/ 発行所 : PHP研究所 / B5判 ・ アジロ綴じ /
編集人:小林成彦 / 発行人:江口克彦 / 印刷所:図書印刷 / 表紙画:灘本唯人 /
アート ・ ディレクション : ウエル・プランニング / 本文デザイン : 神長文夫 他2名 /
目次写真 : 堤勝雄、( 協力 ) 市田 / 定価 780円 ( 本体 757円 )
司馬関連 :【 誕生特別企画・書評鼎談 】
「 平成 」に贈る歴史・時代小説五選 : 谷沢永一 * 渡部昇一 * 山野博史
 〔 こんなに楽しい読み物はない / 日本人に夢と希望を与えた作品 / 文学も戦前・戦後で大変化 /
   偉い人の気持ちがわかる人(『 関ヶ原 』『 城塞 』)/
   歴史が豊かな国民は幸せだ(『 関ヶ原 』『 城塞 』)〕
《 メ モ 》  ――

雑誌名 : 歴 史 群 像

歴史群像12月号別冊  歴史群像スペシャル No.4 Dec.2009  ///
2009年11月6日 発売
/ B5判・中綴じ / 発行所 : 学研パブリッシング
発売元 : 学研マーケティング / 発行人 : 土屋俊介 / 編集人 : 小池徹郎 /
〈 表紙 〉 Illustration:そやなおゆき / Design:土田省三 / 定価 600円( 税込 )
司馬関連 :【 総力特集 】 明治人の気概を貫く秋山兄弟と正岡子規  激動変革の時代に『 坂の上の雲 』を
  目指した男たち  NHKスペシャルドラマ「 坂の上の雲 」 ドラマの主人公と秋山・正岡家の人々 /
[ 第一部 ]  日本騎兵の生みの親 秋山好古 : 森山庸平
  第一章 星雲を見上げ生家を離れる / 【 明治一口メモ 】/ 第二章 東洋のヒンデンブルク参上 /
 【 明治一口メモ 】/ 第三章 金時計より現金を / 【 明治一口メモ 】2編 /
  第四章 男子は生涯「 一事 」を成せば足りる / 【 明治一口メモ 】/ ビジュアル図解 [ 日清戦争 ]/
[ 第二部 ]  連合艦隊の頭脳 秋山真之 : 秋月達郎
  第一章 夢か? 現実か? リアリストの選択 / 【 明治一口メモ 】/ 第二章 世界を体感したふたりの留学生 /
 【 明治一口メモ 】2編 / 第三章 戦術家たらんと欲す / 【 明治一口メモ 】2編 /
  第四章 天気晴朗なれども波高し / 【 明治一口メモ 】2編 / ビジュアル図解 [ 日露戦争 ]/
[ 第三部 ]  近代文藝を切り拓く 正岡子規 : 江宮隆之
  第一章 春や昔十五万石の城下かな / 【 明治一口メモ 】 / 第二章 進め進め角一声月上りけり /
 【 明治一口メモ 】2編 / 第三章 をとといのへちまの水も取らざりき / 【 明治一口メモ 】2編 /
〈 歴史群像スペシャル 〉 インタビュー  飽くなき好奇心を追求し 自分の病すら客観視する
  それが正岡子規のすごみです 宇多喜代子 : 藤堂亮介 /
【 歴スペ 情報セレクション TV NHK特集 】  スペシャルドラマ 坂の上の雲
歴史群像1月号別冊  歴史発見  NO.1  ///
2013年12月5日 発売
/ 発行所: 学研パブリッシング / A4判変形?( 209 X 285 )・SC /
発行人 : 脇谷典利 / 編集人 : 土屋俊介 / 編集長 : 星川武 / デスク : 上原康仁 他2名 /
編集:小倉一邦 他2名 / 編集協力:講談社ヤングマガジン編集部 / 山上國廣 / AD & デザイン &
表紙デザイン : 飯田武伸 / デザイン : オカムラダイスケ / 瀧上徳和 / 本文DTP制作 :
アド・クレール / 発売元 : 学研マーケティング / 印刷所 : 凸版印刷 /
表紙イラスト : 黒田官兵衛( 宮下英樹描き下ろし )/ 定価 680円[ 648円 ]
司馬関連 :【 人物造形にみる歴史観と人生観 】: 文 小倉一邦  《 文豪が描いた官兵衛 》
 【 慧眼・司馬遼太郎 】 ― 軍師さえも包み込む「 司馬史観 」( 上から丸ごと鳥瞰する司馬 = 官兵衛の視線 /
   作品に描き切れなかった官兵衛の不可解な部分 /
   引用作品 :『 功名が辻 』『 竜馬がゆく 』 『 播磨灘物語 』 『 新史太閤記 』 / 顔写真 ・ 略歴 あり )
《 メ モ 》  [ 総力特集 ]  黒田官兵衛と天下統一の真実 /
他の文豪 : 吉川英治と坂口安吾 / 松本清張

雑誌名 : 歴 史 研 究

1994年5月号  第396号  ///
一九九四年三月二十七日 印刷 / 一九九四年五月十日 発売 / 発行所: 新人物往来社
A5判・平綴じ / 編集人 : 吉成勇 / 発行人 : 菅英志利 / 印刷所 : 共同印刷 /
表紙写真 : 大村益次郎像 ( 大村泰敏氏像 )/ 表紙デザイン・目次カット : 石井久恵 /
地図作製 : 奥野佳守子 / 定価 六一八円( 本体 六〇〇円 )
司馬関連 :【 特集 / 大村益次郎の生涯 】 花神(かしん) ― 益次郎 走狗(そうく) ― 源太郎 : 三浦明彦
 〔 引用作品 :『 花神 』・『 走狗 』(『 大楽源太郎の生死 』? )/ 三浦略紹介 あり 〕
《 メ モ 》  ――

雑誌名 : 歴 史 通

WiLL 別冊 10月号 No.3 2009 Autumn  ///
2009年10月9日 発行
/ 発行所 : ワック / A5判・SC / 編集人 : 立林昭彦 /
デザイン・DTP: エルク / 発行人:鈴木隆一 / 印刷所:図書印刷 /
表紙 : 司馬遼太郎氏写真・文藝春秋提供 / 定価 860円 本体 819円
司馬関連 :【 総力特集 『 坂の上の雲 』の読みかた 】  1000年前の欧州が見た「 日露戦争 」
■カラー豪華版イラスト集 / ■仏紙「 ル・プチ・パリジャン 」発見記 : 川西重忠 /
司馬さんが言いたかったこと : 関川夏央 /
【 特別対談 】 いっそ映画で見たい―「 戦争と平和 」「 風と共に去りぬ 」のように : 渡部昇一*谷沢永一 /
経営者が『 坂の上の雲 』から学ぶ「 九か条 」: 佐伯弘文 /
【 歴史夜話 】 「 乃木神話 」はなぜ生きつづけるのか : 中村彰彦*山内昌之
 〔『 坂の上の雲 』の欠点に言及 〕/
【 仰天スクープ ! 】  軍神・広瀬の恋人 アリアズナの「 電撃来日 」: 宮嶋茂樹 /
いまに生きる軍神の教え ― 旅順港のスケッチから : 古庄幸一 /
習志野―秋山好古 もうひとつの故郷 : 三橋秀紀 /
[ 編集部から ]&[ 編集長から ]:『 坂の上の雲 』特集について
《 メ モ 》  ――
1月号 No.10 2011 January  ///
2011年1月9日 発行
/ 発行所 : ワック / A5判・SC /
編集人 : 立林昭彦 / デザイン・DTP :  エルク / 発行人 :
鈴木隆一 / 印刷所 : 図書印刷 / 定価 860円 本体 819円
司馬関連 :【 特集 「 坂の上の雲 」】 日本人を救ったユダヤ人シフ : クリストファー・スピルマン /
軍 神( 目次 : 広瀬武夫 )は海軍カレーを食べたか : 古庄幸一 /
日英同盟を呼んだ男 柴五郎 : 中村彰彦 /
【 BOOKs 】 岡田徹のこの一冊 『 三島由紀夫と司馬遼太郎 「 美しい日本 」をめぐる激突 』: 松本健一著
《 メ モ 》  ――

雑誌名 : 中央公論  歴 史 と 人 物

昭和四十九年二月号  第四年 第二号 第三十号  ///
昭和四十九年二月一日 発行
/ 発行所 : 中央公論社 / A5判・SC / 編集者 : 粕谷一希 /
発行者:高梨茂 / 印刷所:三晃印刷 / 表紙 : 佐多芳郎 / 目次と巻頭カット : 緒方洪章 /
表紙デザイン : 柴永文夫 / 定価 三百五十円
司馬関連 :【 特集 明治天皇とその時代 】  『 坂の上の雲 』と明治ナショナリズム : 亀井俊介
 ( 明治日本の国民史 ≠ニ世評高い小説の分析を通じて明治ナショナリズムの核心に迫る! )
《 メ モ 》  文藝春秋50周年記念出版 司馬遼太郎全集 全32巻 ◎ 第二十八回配本 : 城 塞(一) /
 ◎ 第十・十一巻・絶賛発売中! : 国盗り物語
中央公論社出版案内  [ 中公文庫 ] 1月新刊 : 言い触らし団右衛門 / 既刊 : 豊臣家の人々
[ 豪華秘蔵版 文人畫粹編 全20巻 ]  全巻内容 『 6 八大山人 』:〈 評伝 〉司馬遼太郎
司馬遼太郎 新選組血風録 / 上方武士道 / おお、大砲 / 戯曲 花の館

雑誌名 : 中央公論  歴 史 と 旅

平成八年八月号  第二十三巻 第十二号  ///
平成八年八月一日 発行
/ 発行所 : 秋田書店 / A5判 ・ アジロ綴じ / 編集人 : 鈴木亨 /
発行人 : 秋田貞美 / 印刷所 : 大日本印刷 / 表紙 : 大河ドラマより秀吉役の竹中直人さん
( NHK広報部 )/ 目次イラスト : 和田作蔵 / 目次写植 : ダイメープリント /
本文図版 : ボールデザイン / 定価 七九〇円 ( 本体 七六七円 )
司馬関連 : 歴史小説の舞台 : 清原康正 〔 司馬遼太郎『 豊臣家の人々 』より 〈 京都・高台寺 〉
 京都東山界隈 / 豊臣家の人々と北政所 / 北政所のおもかげ 〕
《 メ モ 》  ――

雑誌名 : 週刊朝日 MOOK  歴 史 道

Vol.1  ///   「 紀 行 」 / 「 街道をゆく 」 / 「 雑 誌 」 への 掲載 省略
2018年12月20日 発売 / A4判・アジロ綴じ / 発行所:朝日新聞出版 / 発行人:尾木和晴 /
編集長:佐藤修史 / 副編集長:長谷川拓美 / 編集:花岡武彦 / アートディレクション : 野村高志 +
KACHIDOKI / デザイン : 野村勇多 / Iandfish( 妹尾善史 他2名 )/ DTP : 三協美術 /
表紙題字 : 金澤翔子 / 表紙イラスト : ヤマモトマサアキ / 校閲 : 東京出版サービスセンター /
印刷所 : 凸版印刷 / 広告・販売・刊行・宣伝 : 省略 / 定価 :[ 本体 815円 ]+ 税
司馬関連 : 司馬遼太郎  [ 街道をゆく ][ 名作選 ]
 〔「 濃尾参州記 」/ 祖父、そして父を近習に謀殺された家康流「 家臣操縦術 」〕

雑誌名 : 歴 史 読 本

一九九五年十月号  第四十巻 第十九号  シリーズ 人物検証H  ///
1995年8月24日 印刷 / 1995年10月1日 発行 / 発行所: 新人物往来社
A5判 ・ SC / 編集人 : 佐藤實 / 発行人 : 菅英志 / 印刷所 : 共同印刷 /
編集スタッフ : 佐藤實 ・ 坂井範孝 ・ 安田清人 ・ 坪崎浩 / 校正 : 水上幸夫 ・ 鵜飼清 ・ 広地ひろ子 /
デザイン : オフ・デザインルーム・グラフ / 挿絵・イラスト : 三井永一・西のぼる・永美ハルオ・浅井努・
白吉辰三 / 写植 : 池袋工芸 / 表紙 : 宮本武蔵像( 島田美術館蔵 )/ 定価 八八〇円( 本体 八五四円)
司馬関連 :【 特別企画 】  七人の武蔵がいた : 縄田一男 〔 司馬遼太郎 『 真説宮本武蔵 』
 ( 司馬顔写真・略紹介・講談社文庫表紙・初出誌 『 週刊朝日 』昭和42年6月23号 より 2頁 )〕
《 メ モ 》  宮本武蔵 天下無双の剣 剣聖がきわめた兵法の神髄と生涯無敗の奥義
一九九六年八月号  第四十一巻 第十四号  シリーズ 人物検証K  ///
1996年6月24日 印刷 / 1996年8月1日 発行 / 発行所: 新人物往来社 / A5判・SC /
編集人 : 佐藤實 / 発行人 : 菅英志 / 印刷所 : 共同印刷 / 編集スタッフ : 佐藤實・内田和浩・
中村和裕・安田清人 / 校正:水上幸夫・広地ひろ子 / デザイン: オフ・ デザインルーム・グラフ /
挿絵 ・ イラスト : 三井永一 ・ 永美ハルオ ・ 鈴木太郎 / 写植 : 池袋工芸 / 表紙 : 坂本龍馬
( 高知県立歴史民俗資料館蔵 )・ 高杉晋作( 京都大学附属図書館蔵 )/ 定価 八八〇円( 本体 八五四円)
司馬関連 :【 特集評論 】 司馬遼太郎だ描く竜馬と晋作 : 中島誠
 〔 維新回天の主役を演じた二人の英雄を、歴史小説の泰斗司馬遼太郎氏は渾身の力を込めて描いた。
    司馬氏を魅了したのは何か。 そして、その目に映じた二人の真実とは。/
   一、革命の三段階を担う人物 / 二、歴史を独りで動かす坂本龍馬の魅力 /
    三、三千世界の鳥を殺し・・・・・・、天才的矛盾を抱えたまま倒れた高杉晋作 /
   司馬写真 / 竜馬と晋作を描く3作品、『 竜馬がゆく 』『 世に棲む日日 』『 花神 』( 文庫版 )/
   中島略紹介 〕
《 メ モ 》  坂本龍馬と高杉晋作 維新回天のヒーローが命をささげた青春 ・ 夢 ・ 事業
一九九七年二月号  第四十二年 第二号  シリーズ 歴読専科F  ///
1996年12月21日 印刷 / 1997年2月1日 発行 / 発行所 : 新人物往来社 / A5判 ・ SC /
発行人 : 菅英志 / 編集人 : 佐藤實 / 印刷所 : 共同印刷 / 編集スタッフ : 佐藤實 ・ 中村和裕 ・
稲葉貴美子・加藤剛 / 校正:水上幸夫・広地ひろ子 / 協力:毛利博物館 他5館他 / 表紙:『 江戸図
屏風 』( 国立歴史民族博物館蔵 )・司馬顔写真 他 / 写植:池袋工芸 / 定価 八八〇円( 本体 854円)
司馬関連 : ニュース速報  談志が読む 『 新選組血風録 』
 〔 ニッポン放送 '97年1月1日(水) 〜 3日(金) 午後8時 〜 9時 〕/
心に残る名場面の主役たち
 【 源義経 】: 野口実 『 源義経 』 ◇ 村上元三・著 : 縄田一男(『 義経 』)/
 【 織田信長 】: 熱田公 『 信長 』 ◇ 秋山駿・著 : 木村行伸(『 国盗り物語 』)/
 【 新選組 】:菊池明 『 新選組始末記 』 ◇子母沢寛・著:縄田一男(『 新選組血風録 』『 燃えよ剣 』)/
 【 坂本龍馬 】 : 菊池明 『 竜馬がゆく 』 : 縄田一男 /
特集随筆  21世紀と歴史・時代小説 司馬を超えるような作家がでるか : 鷲田小彌太 /
 【 時代篇 ◆ 戦国 】  『 国盗り物語 』: 中山啓 /
 【 時代篇 ◆ 幕末 】  『 天皇の世紀 』 ◆ 大佛次郎・著 : 縄田一男(『 最後の将軍 』)/
 【 時代篇 ◆ 近代 】  『 翔ぶが如く 』 : 中山啓 /
 【 戦闘篇 ● 幕末 】  『 室町抄 』 ● 南條範夫 ・ 著 : 木村行伸 ( 『 妖怪 』 )/
 【 戦闘篇 ● 合戦 】 『 関ヶ原連判状 』 ● 安部龍太郎・著 : 縄田一男(『 関ヶ原 』)/
 【 戦闘篇 ● 落城 】 『 城塞 』 : 中山啓 /
 【 戦闘篇 ● 戦記 】 『 日本海海戦 』 ● 岡本好古・著 : 笹川吉晴(『 坂の上の雲 』)/
 【 人物篇 《 一代記 》】 『 四千万歩の男 』 ■ 井上ひさし・著 : 中山啓(『 菜の花の沖 』)/
   『 静寂の声 』 ■ 渡辺淳一・著 : 笹川吉晴(『 殉死 』)/
 【 人物篇 《 渡航・渡来 》】 『 おろしや国酔夢譚 』 ■ 井上靖・著 : 中山啓(『 ロシアについて 』)/
歴史小説 時代小説  古今文豪往来 : 作・古山寛 × 画・おがわ・やすお
 司馬遼太郎 一九二三〜一九九六 / 似顔絵 あり /
作家プロフィール一覧 / 作家別 総索引 /
● れきどく図書館  BOOK REVIEW 『 司馬遼太郎 ― 歴史は文学の華なり、と。 』: 松本健一・著
《 メ モ 》  日本史名場面 歴史が解く 小説で読む
二〇一一年一月号  第五十六年 第一号 ///    「 他 」 への 再掲 省略
2010年11月24日 印刷 / 2011年1月1日 発行 / 発行所:新人物往来社 / A5判・SC /
発行人:杉本淳 / 編集人:本多秀臣 / 印刷所:共同印刷 / スタッフ:岡田晴生(デスク)・石井荷久恵・
聴涛真悠子・田河慶友・志村綾子 / 編集顧問:西尾次郎・田中満儀 / 編集協力:吉成勇( 歴史研究会 )/
デザイン : 深澤康一( 島崎哲雄デザイン事務所 )/ 表紙:東郷平八郎( 東郷神社所蔵 )・
秋山好古・秋山真之( 習志野市大久保商店街所蔵 )/ 特別定価 一〇九〇円( 本体 一〇三八円)
司馬関連 :「 坂の上の雲 」の時代と日露戦争 : 中村政則
 ( 司馬遼太郎が描いた 明治の日本、歴史学から その時代背景を検証する )/
【 催し物ガイド 】  登場するすべての人物から 『 坂の上の雲 』 を見る : 司馬遼太郎記念館
《 メ モ 》  日露戦争 世界を駆けた明治日本 /
【 新人物往来社の新刊 書籍&文庫 】 司馬遼太郎全作品大事典

雑誌名 : 歴 史 文 学

VOL.4 / 1975  秋季号  ///
一九七五年十一月一日 発行
/ 発行所 : 汐文社 / A5判 ・ SC / 編集 : 歴史文学編集委員会
( 大久保正太郎・鹿地亘・杉本苑子・津上忠・中村新太郎・西口克己・松尾章一・松島栄一・真鍋元之 )/
編集担当者:安住恭子 / 印刷所:東銀座印刷出版 /
表紙絵 : 永井潔 / カット : 吉井忠 / 定価 八〇〇円
司馬関連 :【 特集・戦後の歴史小説 】
司馬遼太郎『 おお、大砲 』『 夏草の賦 』― 作者の外にあり、そして内にある歴史 ― : 江藤文夫
《 メ モ 》  ―――

雑誌名 : 論 座

2003 / 9  通巻一〇〇号  ///
二〇〇三年九月一日 発行
/ 発行所 : 朝日新聞社 / A5判・SC / 編集長・発行人 : 上丸洋一 /
副編集長 : 松本一弥・高橋伸児 / 編集 : 高谷秀男 他4名 / 編集・進行 : 池田耕子 / 編集協力 :
桑畑美由紀・石川亜矢子 / AD:田中幸久 / 校閲・DTPオペレーション:朝日新聞総合サービス /
定価 七八〇円( 本体 七四三円 )
司馬関連 :【 Book ☆ review 】
『 司馬遼太郎の幕末・明治 ――「 竜馬がゆく 」と「 坂の上の雲 」を読む 』: 成田龍一
  戦後体験が投影された歴史小説 凄惨な革命史を主題にしてなお明るい : 篠田正浩


「 司馬遼太郎論 」 / 「 作品評論 」 「 雑 誌 」 あ 〜 こ す 〜 に ぬ 〜 ふ へ 〜 ん 反司馬論