ホ  ー  ム 「 著 作 書 物 」 の インデックス 「 関 連 書 物 」 の インデックス
「 司 馬 遼 太 郎 論 」  /  「 総 括 評 論 」 「 書    籍 」 「 雑    誌 」
あ 〜 さ す 〜 は ひ 〜 ふ へ 〜 ん 反 司 馬 論

比較思想研究 / VISA / ひょうひょう / 婦人公論 / 婦人生活 / ブッククラブ情報 /
Plan B  /  Please  /  プレジデント / 文 學 界  /  文 學 館  /  文学地帯  /
文藝春秋  /  別冊 文藝春秋

雑誌名 : 比 較 思 想 研 究

第30号 ( 学会創立30周年記年号 )  ///
平成十六年三月三十一日 発行
/ A5判 ・ SC / 編集 ・ 発行 : 比較思想学会
 ( 編集委員 : 司馬春英(幹事) 他10名 ) / 代表者 : 吉田宏晢 / 制作 : 東京書籍 /
印刷 : 図書印刷 / 機関誌
司馬関連 :〈 研究論文 4 〉 司馬遼太郎のトルストイ観
 ―― 『 坂の上の雲 』と『 戦争と平和 』をめぐって ―― : 高橋誠一郎
《 メ モ 》  公開講演 科学技術時代における悟りと救い : 吉田宏晢 他1編 /
特集 1 「 科学技術時代における悟りと救い 」 3編 / 特集 2 「 仏教と臨床心理学 」 2編 /
〈 研究論文 〉16編 / 比較思想研究の動向 / 会報 / 研究例会 / 会員消息 / 編集後記
成田山臨時大会号  ///   平成十六年十一月三十日 発行 他は 第30号 に 同じ
司馬関連 :〈 研究論文 7 〉 司馬遼太郎の平和観
 ―― 『 坂の上の雲 』から『 空海の風景 』へ ―― : 高橋誠一郎
《 メ モ 》  口絵 : 大会写真2葉 / 記念講演並にシンポジウム挨拶 : 橋本照稔 /
公開講演 立松和平 : 平和と貧者の一灯 / 特集「 宗教と平和 」 4編 /
〈 研究論文 〉7編 / 会報 / 会員消息 / 編集後記


雑誌名 : V I S A   2011 OCT  459    受贈本 ( 府中市 : 芹沢 様 )

平成23年10月1日 発行 / 発行所 : VISA編集室 / A4判・SC / 定価 : 397円( 含消費税等 )
司馬関連 : 特集 2 司馬遼太郎を歩く( 写真提供 : 文藝春秋 取材協力 : 司馬遼太郎記念館 )
◎テーマを旅する 愛媛県
 巨星・司馬遼太郎の肖像( 解説 : 和田宏 )/ 膨大な資料や遺品が残る 司馬遼太郎記念館 /
 司馬フリークがセレクト  おすすめ司馬本、私の5冊 選者:小林竜雄、須藤元気、美甘子(みかこ)
 映像で読む℃i馬遼太郎  王道ヒーロー / 知られざる脇役たち / 司馬遼太郎自身を知る /
 榎本秋さんが選ぶ 司馬世界を彩る 名キャラクター  大村益次郎・河井継之助・北条早雲・高田屋嘉兵衛・
  黒田官兵衛
◎テーマを旅する 愛媛県・松山( 写真 : 大島拓也 )
 新時代を疾走した明治人の軌跡 『坂の上の雲』の町 始まりをゆく / 風光明媚な四国最大の都市
 多くの俳人を生んだ 文学の薫り漂う町へ / もうひとつのたび時間 Spot Information in MATSUYAMA
《 メ モ 》  特集 1 モンゴル、ウランバートル  遊牧民に出会う、草原の休日

雑誌名 : ひ ょ う ひ ょ う

11 / 1998  VOL.54  ///
平成一〇年一〇月一日 発行
/ 発行 : (財) 長寿社会開発センター / A4変形判?・アジロ綴じ /
発売 : 論創社 / 編集長 : 泉田照雄 / 編集 : 川崎優子 / デザイン : 大橋理恵 /
写真 : 柏原秀文・萩原宏美・鈴木圭 / 取材 : 山岡淳一郎・尾花真由美・若井マサコ /
協力:ワニプラン 求E上村陽子 / 印刷:福博綜合印刷 / 定価 500円( 本体 476円+税 )
司馬関連 :【 特集 】 司馬遼太郎を読んで、考える。
大正二年と大正四年のあいだ : 江崎玲於奈 / あんた、いつまでも竜馬やおまへんで。 : 武田鉄矢 /
「 独創 」の人 : 西澤潤一 / 「 歩く 」ことの魅力 : 如月小春 /
〈 津軽人 〉が読んだ『 北のまほろば 』: 鎌田慧 / 詩とイデオロギー : 鶴見俊輔 /
《 歴史の「 いま 」に立ち会う楽しさ 》 そんなところまで、いつ見たんだッ!? : 島森路子
《 メ モ 》  ――

雑誌名 : 婦 人 公 論

1960 / 9  ///
昭和三十五年九月一日 発行
/ 発行所 : 中央公論社 / A5判・SC /
編集者 : 三枝佐枝子 / 発行者 : 栗本和夫 / 印刷 : 東京・共同印刷 / 特価 百五十円
司馬関連 : 手記特集 新しい男女関係  家事能力ゼロの妻
 ― それでも結婚生活は成立つという事実証明 ― : 福田みどり
《 メ モ 》  写真 : 司馬遼太郎氏と筆者 //
「 けったいな奴 」 / かまぼこ問答 / ずぼら bP / 私の家事能力

1972 / 2  第六百六十九号  ///
昭和四十七年二月一日 発行
/ 発行所 : 中央公論社 / A5判・SC / 編集者 : 松村和夫 /
発行者:山越豊 / 印刷:東京・共同印刷 / 表紙画 : 金子國義 / 目次画 : 宇佐美圭司 /
本文カット : 池下昌徳・加藤清美・小林美奈子・矢柳剛 / 定価 二百五十円
司馬関連 :望見近見 知人からみたこの愛ある家庭  司馬遼太郎夫妻 生まじめを支えるおもしろさ :
 富士正晴( 変り者の記者同士が結ばれて二十年、竜馬先生のお得意は何と、焼飯作り / 夫妻写真一葉 あり )
《 メ モ 》  中央公論社出版案内 : 既刊12冊取揃え発売中  「 書道藝術 全20巻 別巻4巻 12 空海 」
〈 伝記 〉 司馬遼太郎

1974 / 6  ///
昭和四十九年六月一日 発行
/ 発行所 : 中央公論社 / A5判・SC /
編集者 : 松村和夫 / 発行者 : 高梨茂 / 印刷 : 東京・共同印刷 / 特価 三百三十円
司馬関連 :司馬遼太郎との始めての旅
 夫が「 行くか? 」というから、はじめて出かけたフランス珍道中と、思い出の人たち : 福田みどり
《 メ モ 》  写真 : ベルサイユ宮殿の前で( 司馬、筆者、神木、長部 )  ///
ご亭主の魂はパリをさまよう / パリの出会いに胸はずませて / わが青春の友を誘って /
やはり今も優等生と劣等性 / おお、ジャポネ・カミカゼ / きゅうりの酢もみと長部青年 /
ガスの元栓はしめたかしら? / 常人ではございませんね!?

雑誌名 : 婦 人 生 活

1961 / 7月号  第十五巻 第七号 ///
昭和三十六年七月一日 発行
/ 発行所 : 同志社 / B5判・平綴じ /
編集兼発行人 : 原田常治 / 印刷人 : 大橋貞雄 / 印刷所 : 共同印刷 /
製本所:共同製本 / 表紙:伊藤龍雄 / 目次構成:中山伸 / 定価 一九〇円
司馬関連 : ● 話の広場  損な男黒岩重吾
《 メ モ 》  ・・・ 作家が一日のうちで何時小説を書くか、というのには色々なタイプがあって、
 ・・・ 僕の友人で作家の司馬遼太郎君は、・・・

雑誌名 : ブ ッ ク ク ラ ブ 情 報

’71 ― 4  昭和四十六年 第二号  第二巻 第二号  ///
昭和四十六年三月二十五日 印刷 / 昭和四十六年四月一日 発行 / 発行所 : 全日本ブッククラブ
B5判・平綴じ / 発行人 : 山本英吉 / 編集人 : 岩淵鉄太郎 / 印刷人 : 沢村嘉一 /
印刷所:凸版印刷 / 表紙レイアウト:原弘 / 表紙写真〔 サン・シャペルのステンドグラス 〕:岡本_ /
口絵〔 文学のふるさと 5 〕「 谷崎潤一郎 」清水寺 平安神宮:撮影・濱谷浩 / 文・綱淵鎌錠 /
本文カット : 藤村佳代子・小林美奈子 / 目次カット : 加納光於 / 定価 120円
司馬関連 :【 特集・歴史と読書 】 司馬遼太郎の文学の魅力 : 尾崎秀樹 / 大虚像の形象化 : 丸山邦男
 〔 司馬の三島事件に関連した「 思想とは本来、大虚構であるべきもの 」に対する異論 〕 /
【 第5回選定図書発表 】 図書選定委員〈 小説部門 〉: 司馬遼太郎
《 メ モ 》  ――

雑誌名 : 隔 月  P l a n  B  No.26   2010 . 10

二〇一〇年四月一日 発行 / 発行所 : ロゴス / B5判 ・ アジロ綴じ ? /
発行者:村岡到 / 印刷・製本:東京リスマチック / 定価:( 本体 800円 )+ 税
司馬関連 : 特集 : 司馬遼太郎史観をどう見るか
 歴史とロマンの距離を考える ――『 坂の上の雲 』と日露戦争 : 深津真澄 /
 明治時代の全面賛美でよいのか ―― 司馬遼太郎批判 : 高尾利数 /
 司馬遼太郎とモンゴル、そしてモノンハン戦争 : 吉田秀則 /
 市民連帯 第八回政治討論集会 司馬遼太郎史観をどうみるか?
 深津真澄さんが講演 : 明治の「 明るさ 」を強調した司馬遼太郎
《 メ モ 》  「 もうひとつの世界へ 」改題

雑誌名 : 旅のライブ情報誌  P l e a s e  No.293  プリーズ 10月号   P R 誌

2011年9月25日 発行 / 九州旅客鉄道 / B5判 ・ 中とじ / 表紙 絵 : 進藤恵子
司馬関連 : 歴史小説の問題 : 大岡昇平
《 メ モ 》  ● プリーズ特集
 その旅は、「 極 情 」( 文 : 井上智香子 / 写真 : 長野良一・三井尉津夫 ) /
第18回 満 腹! 九 州
 【 熊本・球磨 】 球磨川の鮎で極楽をみた( 文 : 小泉武夫 / 写真 : 松隈直樹 ) /
九州ものしり学
 司馬遼太郎 九州に残した足跡( 文 : 船木麻由 / 取材協力 : 司馬遼太郎記念館 ) //
熊本・宮崎・鹿児島デスティネーションキャンペーン特別号

雑誌名 : プ レ ジ デ ン ト

1996 ・ 9  第三四巻 第九号  ///
一九九六年九月一日 発行
/ 発行所 : プレジデント社 / AB変形判?・アジロ綴じ /
発行人: プレジデント社 代表者・綿引好夫 / 印刷所:凸版印刷 /
アートディレクター:中曽根孝善 / レイアウト:細谷直子・岡崎よし子・島崎哲雄・深澤康一 /
【 編集部 】 編集人・編集長:中田雅久 / 編集長代理:神田久幸 / 主任編集委員 : 樺島弘文 /
副編集長 : 阿部佳代子・石井伸介 他7名 / 編集制作担当:小池哉・海野郁美 /
広告企画担当 & 広告制作担当 : 省略 / 表紙イラストレーション : 編集制作担当 : 横山明
( 表紙の人:三国連太郎 )/ 目次イラストレーション:市川興一 / 定価 980円( 本体 951円 )
司馬関連 :【 特別寄稿 】 日本と日本人を追求し続けた国民的作家は、このテーマを何故、
最後の小説にと決めたのか  司馬遼太郎とノモンハン事件 : 半藤一利
 〔 写真 : 1993年文化勲章時の司馬( 撮影・藤居正明 )/ 1990年、モンゴル取材中の司馬( 新潮社 )/
   辻政信( 毎日新聞 )/ 小松原道太郎( 毎日新聞 )/
   1930年代の満州とその周辺( 地図制作 : ライヴ・アート )/ 半藤略紹介 〕
《 メ モ 》  ――
1999 ・ 6  第三七巻 第六号  ///
一九九九年六月一日 発行
/ 発行所 : プレジデント社 / AB変形判? ・ アジロ綴じ /
編集人:阿部佳代子 / 発行人:綿引好夫 / 印刷:凸版印刷 / アートディレクター:中曽根孝善 /
レイアウト : 細谷直子 / 杉山裕規 / 島崎哲雄 / 深澤康一 / 小林由起子 / 會田貴子 /
表紙イラストレーション : 横山明( 表紙の人 : 司馬遼太郎 )/
目次イラストレーション:市川興一 / 定価 1000円( 本体 952円 )
司馬関連 :【 特集 司馬遼太郎を旅する 】
司馬作品に溢れる「 旅心 」の味わい方 : 尾崎秀樹*半藤一利*松本健一 /
『 竜馬がゆく 』 土佐「 脱藩の険路 」で見た夢 : 文・古川薫 / 撮影・高橋宣之 /
『 世に棲む日日 』 「 維新の発火点 」長州人の狂気と怜悧 : 八尋舜右 / 撮影・藤原武史 /
『 菜の花の沖 』 函館に嘉兵衛の開拓魂を求めて : 吉岡忍 / 撮影・金曽郁夫 /
『 新選組血風録 』 幕末の京都「 暗殺の迷路 」をゆく : 松村友視 / 撮影・熊谷武二 /
『 坂の上の雲 』 二〇三高地の頂より「 近代日本の青春」を思う : 文・川村湊 /
司馬さんは「 足で書く作家 」だった : 文・仁尾一三 /
ドキュメンタリー「 街道をゆく 」を撮ってわかった司馬さんの志 : 文・山本修平
《 メ モ 》  ――
2001 12.3号  第三九巻 第二四号  ///
二〇〇一年一二月三日 発行
/ 発行所:プレジデント社 / AB変形判?・アジロ綴じ / 発行人:綿引好夫 /
編集人・編集長:藤原昭広 / 印刷:大日本印刷 / 編集長代理 : 阿部佳代子 / 編集委員 : 長田貴仁 /
副編集長 : 石井伸介 / 長坂嘉昭 / 鈴木直哉 / 桂木栄一 / スタッフ : 稲本進一 他13名 /
編集制作担当 : 小池哉 / 海野郁美 / 広告制作担当 : 鈴木澄子 / アートディレクター : 中城裕志 /
デザイン:谷口文郎 他3名 / 表紙撮影:野上透( 表紙の人:司馬遼太郎 )/ 定価 550円( 本体 524円 )
司馬関連 :【 プレジデント 言行録 】 「 蘇る『 司馬遼太郎の志 』」四五ページより : 省略 /
【 ピープル特別編 】  蘇る「 司馬遼太郎の志 」 東大阪市下小坂に一一月一日、記念館がオープン
《 メ モ 》  ――
2009 12.14号  第四七巻 第二八号 通巻七一五号 ///
二〇〇九年一二月一四日 発行
/ 発行所 : プレジデント社 / AB変形判? ・ アジロ綴じ /
発行人 : 藤原昭広 / 編集人・編集長 : 長坂嘉昭 / 印刷 : 大日本印刷 /
編集次長 : 桂木栄一・中田英明 / 副編集長 : 今井道子・大内裕子・出来斉・元西勝則 /
スタッフ : 伊藤晋 他15名 / 編集制作担当 : 小池哉 / 広告制作担当 : 鈴木澄子 /
アートディレクター : 中城裕志 / デザイン : 辻水志乃 他2名 / 表紙人物撮影 : 青沼修彦 他5名 /
表紙撮影 : 平地勲 / スタイリスト : 中瀬純一 / 特別定価 750円( 本体 714円 )
司馬関連 :【 プレジデント 言行録 】 司馬関連「 特集 」より3題 : 省略 /
【 特集 司馬遼太郎と「 幕末・明治 」の人物学 】
 「 先が見えない時代 」の心の持ち方、生き方とは : 松本健一 /
 日本の経営者が選ぶ 作品人気ランキング & ガイド
 義弟が語る「 何を伝えたかったのか、何を遺したかったのか 」: 上村洋行 /
 脳科学分析! なぜ「 上に立つ者 」は司馬さんに惚れるか : 茂木健一郎 /
【 心の雲が晴れる! 今、司馬作品の人間知に学ぶ 】
 行動する力 【 竜馬がゆく 】 【 坂本竜馬 】 私心を持たず、地位にこだわらず : 萩田伍 /
 気概 【 坂の上の雲 】 【 秋山兄弟 】 郷土を愛し、公のために義務を果たす人物の迫力 : 中曽根康弘 /
 不屈 【 関ケ原 】 【 石田三成 】 最後までブレなかった「 主人への恩義 」: 松平定知 /
 有言実行 【 峠 】 【 河井継之助 】 いかに美しく生きて、いかに美しく死んでいくか : 渡文明 /
 現場主義 【 世に棲む日日 】 【 吉田松陰 】 自ら先端の情報を集め、仲間と行動を起こす : 関厚夫 /
 NHK話題作・ボクが参った「 秋山真之のサムライ魂 」: 本木雅弘 /
【 新・企業参謀の条件 】
 「 能力の三角形 」が勝敗を分かつ : 江坂彰( 構成 : 小山唯史 / 撮影 : 早川智哉 ) /
【 答えは「 堂々たる日本人 」の中にある 】
 時流に乗る力 【 岩崎弥太郎 】 台湾出兵、西南の役ですかさずチャンスを掴む : 武田晴人 /
 やせ我慢 【 福沢諭吉 】 本物の独立自尊のスピリッツここにあり : 椎名武雄 /
 正義感 【 大久保利通 】 無私の精神で築き上げた新政府の骨格 : 佐々木克 /
 権限委譲 【 上杉景勝 】 側近を信頼し生かし切る度量と胆力 : 火坂雅志 /
 長尺視点 【 後藤新平 】 民意に迎合せず、国の大きい未来を描く : 御厨貴 /
 運を見抜く力 【 山本権兵衛 】 あるべき姿を描き適材を抜擢、配置する : 石坂浩二 /
 ネバーギブアップ 【 渋沢栄一 】 儲けよりも国づくりと人材づくり : 鰐淵美恵子 /
 維新を起こした志 【 幕末の群像たち 】 「 一四〇年目の維新 」は中央集権から地域主権へ : 東国原英夫 /
義のサムライの没後、発見されたもの CD付! 西郷隆盛のバイブル『 言志四録 』を読む /
「 乱世のリーダー 」を描いた傑作100選 : 細谷正充
 〔『 新史太閤記 』『 覇王の家 』『 竜馬がゆく 』『 花神 』〕/
時代小説最新トレンド  【「 時代屋 」厳選の8冊 】 『 夏草の賦 』『 関ケ原 』
《 メ モ 》  ――
PRESIDENT+PLUS 2010.12.18号別冊 『 坂の上の雲 』完全ガイド 第48巻 第32号 通巻747号  ///
二〇一〇年一二月一八日 発行
/ 発行所:プレジデント社 / AB変形判?・中綴じ / 発行人:藤原昭広 /
編集人・編集長 : 橋本進一 / 編集 : 阿部佳代子・石井伸介・山田容樹・黒川武広 /
アートディレクション & デザイン:草薙伸行 / 表紙撮影:椿孝( 表紙の人:本木雅弘 )/
印刷 : 暁印刷 / 定価 780円( 本体 743円 )  ///
「 関連書物 」/「 そ の 他 」/「 映画 ・ TV 」 より 再掲
「 自分が一日怠けると、日本が一日遅れる 」: 文 = 本木雅弘
 ( 構成 : 小澤啓司 / 人物撮影 : 椿孝 / 写真提供 : 子規記念博物館 / 額撮影 : 宇佐見利明 )/
脳科学分析! あなたの上司は、なぜ司馬作品を読んできたのか? : 茂木健一郎
 ( 撮影 : 市来朋久 / 構成 : 三浦愛美 )/
文庫本全八巻 「 あらすじ & 名場面 」ナビゲーション : 文 = 楠木誠一郎( 地図作製 = ライヴ・アート )/
明治という国家、平成という国家: 兩角良彦*櫻井修 /
【 徹底研究 名参謀の「 知略 」 名将の「 器 」】
 陸軍最高の参謀 児玉源太郎 : 文 = 三好徹 / 近代海軍の父 山本権兵衛 : 文 = 池田清 /
 日本海海戦の名作戦家 秋山真之 : 文 = 中村彰彦 / 稀代の大諜報家 明石元二郎 : 文 = 水木楊 /
 将の将たる器 大山巌と東郷平八郎 : 文 = 須崎勝弥 /
日本萬歳  百撰百笑 楽天的な明治人が見えてくる / ダイジェスト「 日露戦争 」: 監修 = 土門周平 /
【 次はどれにする? 「 不朽の名作 」読書ガイド 】
 「 事業家 」竜馬こそ、わが憧れ : 孫正義 / 「 行動第一主義 」に共感する : 新浪剛史 /
「 昭和の巨星 」が遺した歴史長編小説を読みつくす(「 長編小説 」全ガイド あり )/
司馬遼太郎が『 坂の上の雲 』で書きたかったこと : 橋口収*半藤一利( 人物撮影 : 陶山勉 )/ 初出一覧
《 メ モ 》  ――

雑誌名 : 文 學 界

昭和四十九年六月号  第二十八巻 第六号  ///
昭和五十九年六月一日 発行
/ 発行所 : 文藝春秋 / A5判 ・ SC / 編集兼発行人 : 西永達夫 /
印刷人 : 北島義俊 / 印刷所 : 大日本印刷 / 表紙 ・ カット : 田澤茂 / 定価 三五〇円
司馬関連 : 歴史小説の問題 : 大岡昇平 〔 司馬に関しては主に『 坂の上の雲 』を引用 〕
《 メ モ 》  文藝春秋50周年記念出版 【 司馬遼太郎全集 全32巻 】 ◎ 最終回配本・第三十二巻
  評論随筆集 [ 全巻完結! ]/
【 文藝春秋の文芸図書 】  文春文庫 六月の新刊 : 最後の将軍


2006 / 10月号  第六十巻 第十号  ///
平成十八年十月一日 発行
/ 発行所: 文藝春秋 / A5判・アジロ綴じ / 編集人:大川繁樹 /
発行人 : 重松卓 / 印刷人 : 北島義俊 / 印刷所 : 大日本印刷 / カット : 上路ナオ子 /
アートディレクション : 関口聖司 / 斎藤深雪 / 定価 九〇〇円 ( 本体 八五七 )
司馬関連 :【 追悼 吉村昭 】 吉村昭と司馬遼太郎 : 大河内昭爾 * 秋山駿
 〔 ■ ユーモアとストイシズム / ■ 取材の執念 / ■ 司馬遼太郎文学との違い / 対談者近影と略紹介 〕
《 メ モ 》  【 文藝春秋の新刊 】 文春文庫 9月の新刊 好評発売中 :
 司馬遼太郎対話選集7 人間について

雑誌名 : 文 學 館  DOMUS MUSARUM

季刊 第5号  ///   「 小 説 」 / 「 雑 誌 / 近代説話他 」 へ 再掲
発行所: 潮流社 「 文學館 」編集部 / 昭和五十九年十一月二十日 発行 / 菊判?( 157 X 226 )・SC
/ 表紙 : 相澤光朗 / 本扉飾絵 : 竹中郁 / 本文飾絵 : 市川晃 / 定価 一三〇〇円
司馬関連 : てい談 『 近代説話 』の頃 尾崎秀樹 × 永井路子 × 伊藤桂一
 ( 誕生の頃 / その中期 / その末期 / その理念と共に )
《 メ モ 》  立原道造の蔵書 その一 : 杉浦明平 / 『 雪つぶて 』 再刊の機会に : 中村真一郎 /
彼岸花の岸 苺の歌( 亡母追懐十四首 ) : 伊藤桂一 / 波 : 田中小実昌 他

雑誌名 : 文 学 地 帯

( 30周年 ) 創作記念特集号  第60号  ///
昭和五十七年七月十日 印刷 / 昭和五十七年七月二十日 発行
発行所 : 文学地帯社 / A5判・平綴じ / 発行責任者 : 関荘一郎 / 編集人 : 小谷龍一郎 /
印刷人 : 藤本留雄 / 印刷所 : 神戸刑務所 / 表紙・扉・目次イラスト : 尾下祐子 / 定価 六〇〇円
司馬関連 : 大阪人からみた大阪人の司馬遼太郎唐木義夫
《 メ モ 》   《 特 集 》 エッセイ 「 芥川賞・直木賞作家・作品 」


雑誌名 : 文 藝 春 秋

平成十四年二月特別号  第八十巻 第二号  ///   「 随 筆 」 / 「 雑 誌 」 他 への 再掲 省略
平成十四年二月一日 発行 / 発行所 : 文藝春秋 / A5判 ・ SC / 編集人 : 松井清人 /
発行人:笹本弘一 / 印刷人:足立直樹 / 印刷所:凸版印刷 / 表紙 題( 早春の暦 ):松平礼二 /
目次カット:草間彌生 / 目次レイアウト:星達也 / レイアウト:坂田政則・石崎健太郎・斎藤深雪 /
特別定価 七六〇円( 本体 七二四円 )
司馬関連 : この国のかたち・五十六 家康以前 : 司馬遼太郎 〔 平成三年一月号 〕/ 
司馬さんとの時間 : 田辺聖子 * 福田みどり〔 親交四十年、今語り明かす素顔の司馬遼太郎 /
 ●司馬さんに叱られたこと / ●大阪男の、淋しがり / ●「 きょうは愉快でした 」/ ●司馬さんの弱点 /
 ●小説を書いてほしかった / 写真 : 産経新聞記者時代の司馬 / 対談者近影 〕 /
【 キーワードは80 】 時代小説 豊饒の80冊 : 寺田博〔 燃えよ剣 : 司馬遼太郎( 文藝春秋 新潮文庫 )〕/
読者が選んだ「 誇るべき日本人 」ベスト80 :【2】 司馬遼太郎( 顔写真あり ) /
【 芥川賞・直木賞 意外史 】  C 芥川賞と直木賞の間 〔 第70回直木賞選考会での司馬と松本清張の主張 〕/
  G ミステリーとSF 〔 司馬の広瀬正への熱烈な支持
《 メ モ 》  ――
平成二十年七月号  第八十六巻 第八号  ///
平成二十年七月一日 発行
/ 発行所 : 文藝春秋 / A5判 ・ SC / 編集人 : 飯窪成幸 /
発行人:立林昭彦 / 印刷人:足立直樹 / 印刷所:凸版印刷 / 表紙 題( 長城(中国)):松平礼二 /
目次カット : 星野富弘 / 目次レイアウト : 星達也 / 定価 七一〇円 ( 本体 六七六円 )
司馬関連 : 彼らは「 この国 」をいかに救ったか?  司馬遼太郎 渾身の大特集
 日本のリーダーの条件 : 半藤一利・吉田直哉・田中直毅・関川夏央・磯田道史
  ( 座談 / リーダー : 坂本竜馬、勝海舟、西郷隆盛、大久保利通、桂小五郎、土方歳三、高杉晋作、
    大村益次郎、河井継之助、乃木希典、秋山真之、司馬さんの遺言 /
    司馬・座談者・リーダー顔写真 / 座談者略歴 あり )
《 メ モ 》  特集 「 後期高齢者 」 を捨てる国
平成二十一年十月号  第八十七巻 第十二号  ///
平成二十一年十月一日 発行
/ 発行所 : 文藝春秋 / A5判・SC / 編集人 : 鈴木洋嗣 /
発行人:松井清人 / 印刷人:足立直樹 / 印刷所:凸版印刷 / 表紙 題( 女神像(アメリカ)):
平松礼二 / 目次カット : 村田涼兵 / 目次レイアウト : 星達也 / 定価 七五〇円 ( 本体 七一四円 )
司馬関連 : 大座談会 司馬遼太郎が愛した日本人 : 半藤一利・山内昌之・磯田道史・水木楊
 ( なぜ彼らは歴史を動かせたのか ― 戦国から明治まで誇るべき武士の系譜 /
   知謀の人 : 竹中半兵衛・豊臣秀長・大村益次郎・島村速雄・・・ /
   トップの男 : 織田信長・斎藤道三・島津斉彬・西郷隆盛・・・ /
   世界が見える : 勝海舟・坂本竜馬・緒方洪庵・嘉蔵・・・ /
   義に生き義に死す : 吉田松陰・松平容保・村田新八・・・ /
   悲運の侍 : 沢井継之助・小栗忠順・土方歳三・正岡子規 ・・・ / 愛された日本人 : 顔写真 他 )
《 メ モ 》  総力特集 「 政権交代 」
平成二十二年八月号  第八十八巻 第十号  ///
平成二十二年八月一日 発行
/ 発行所 : 文藝春秋 / A5判・SC / 編集人 : 木俣正剛 /
発行人:松井清人 / 印刷人:金子眞吾 / 印刷所:凸版印刷 / 表紙 題( 蘭医・佐藤泰然 ):
平松礼二 / 目次カット : 原マスミ / 目次レイアウト : 星達也 / ( グラビア )レイアウト :
大久保明子・野中深雪・永井翔 / 特別定価 七八〇円( 本体 七四三円 )
司馬関連 :【 特別企画 】 的中した予言50( われらの未来を深く考えるヒント )
 司馬遼太郎「 インダストリィは汚職する国家では興らない 」 :養老孟司( 司馬・養老顔写真 あり )
《 メ モ 》  ――
平成二十二年九月特別号  第八十八巻 第十一号  ///
平成二十二年八月一日 発行
/ 発行所 : 文藝春秋 / A5判・SC / 編集人 : 木俣正剛 /
発行人:松井清人 / 印刷人:金子眞吾 / 印刷所:凸版印刷 / 表紙 題( 蘭医・松本良順 ):
平松礼二 / 目次カット:坂本トクロウ / 目次レイアウト:星達也 / ( グラビア )レイアウト :
大久保明子・野中深雪・永井翔 / 写真提供 : 共同通信 他 / 特別定価 八〇〇円( 本体 七六二円 )
司馬関連 :【 特別企画 】 「 勝つ日本 」40の決断( 真のリーダーは、たった一人で空気を変える! )
 鹿内宏明解任劇 直後の司馬遼太郎さんからのファックス : 羽佐間重彰( 鹿内・羽佐間顔写真 あり )
《 メ モ 》  ――
二〇一二年十二月 特別号  ///   「 対 談 」 / 「 雑 誌 / ふ 」 より 再掲
平成二十四年十二月一日 発行 / 発行所 : 文藝春秋 / A5判・SC / 編集人 : 島田真 /
発行人:木俣正剛 / 印刷人:金子眞吾 / 印刷所 : 凸版印刷 / 写真提供 : 共同通信 他 /
表紙:松村公嗣 / 目次カット:小笠原徹 / 目次レイアウト:星達也 / 特別定価 八六〇円( 本体 八一九円 )
司馬関連 : 司馬遼太郎 * 陳舜臣  日中「 文明の相克 」
( 初出 :『 文藝春秋 』 一九七〇年十一月号 「 日本人は 臨戦体制 民族 」) //
前 文 :「 預言的な響き 」をもって現代に生きる ― 二人の大家が論じ尽くした対決の原点 ― : 山内昌之
《 メ モ 》  大特集 日本人と中国人「 宿命の対決 」
平成二十五年一月新年特別号  第九十一巻 第一号  ///   創刊90周年記念 完全保存版
平成二十五年一月一日 発行 / 発行所 : 文藝春秋 / A5判・SC / 編集人 : 島田真 /
発行人:木俣正剛 / 印刷人:金子眞吾 / 印刷所:凸版印刷 / 表紙 題「 初詣 」:松村公嗣 /
目次カット:東芋 / 目次レイアウト:星達也 / ( グラビア )レイアウト : 鶴丈二・大久保明子 /
写真提供 : 共同通信 他 / 特別定価 九〇〇円( 本体 八五七円 )
司馬関連 :【 グラビア 】 創刊90周年記念 日本の顔 ベストショット 1967(昭和42)年12月号
 司馬遼太郎 作家( 奈良女子大学近くの古書店にて / 撮影 : 飯窪敏彦 ) //
【「 文藝春秋 」90周年記念特別企画 】 紙上「 同級生 」交歓 芥川賞・直木賞 歓びの軌跡。
 《 第四十二回 | 昭和三十四年 | 下期 》
   吉川英治が見通した青年・司馬遼太郎の新しき領野  戸板康二・司馬遼太郎 //
【 超大型企画 】 激動の90年、歴史を動かした90人
  ◆ 見事な人生◆ 司馬遼太郎 饒舌な史論 : 中村彰彦( 司馬顔写真 あり )
《 メ モ 》  ――
平成二十五年六月号  第九十一巻 第七号  ///
平成二十五年六月一日 発行
/ 発行所 : 文藝春秋 / A5判 ・ SC / 編集人 : 島田真 /
発行人:木俣正剛 / 印刷人:金子眞吾 / 印刷所 : 凸版印刷 / 写真提供 : 共同通信 他 /
表紙 : 題 「 花しょうぶ 」 松村公嗣 / 目次カット:阿部友子 / 目次レイアウト : 星達也 /
定価 八四〇円 ( 本体 八〇〇円 )
司馬関連 : 必読大特集 「 現代の名文 」入門
次男の自殺で苦しんだときに 司馬遼太郎さんがくれた救いの手紙 : 柳田邦男
 (「 二五歳は宝石であります。 まことにまことに 」その言葉に涙が止まらなかった )
《 メ モ 》  文藝春秋の雑誌 オール読物 5 : 池波正太郎の手紙発掘 / 司馬遼太郎から中村彰彦
平成二十六年二月号  第九十二巻 第三号  ///
平成二十六年二月一日 発行
/ 発行所: 文藝春秋 / A5判・SC / 編集人 : 島田真 /
発行人:鈴木洋嗣 / 印刷人:金子眞吾 / 印刷所:凸版印刷 / 写真提供:共同通信 他 /
表紙 : 題 「 冬さぶ 」 松村公嗣 / 目次カット : 村上豊 / 目次レイアウト : 星達也 /
特別定価 八七〇円 ( 本体 八二九円 )
司馬関連 :[ 総力特集 ] バラ色の未来か、転落の悪夢か  「 20年後の日本 」 への50の質問
司馬遼太郎を継ぐ国民作家は : 鹿島茂
《 メ モ 》  ――

平成二十七年一月号  第九十三巻 第一号  ///
平成二十七年一月一日 発行
/ 発行所: 文藝春秋 / A5判・SC / 編集人 : 島田真 /
発行人:鈴木洋嗣 / 印刷人:金子眞吾 / 印刷所:凸版印刷 / 写真提供:共同通信 他 /
表紙 : 題 「 白鷺城 」 松村公嗣 / 目次カット : 村上豊 / 目次レイアウト : 星達也 /
特別定価 九三〇円 ( 本体 八六一円 )
司馬関連 : 司馬遼太郎・福田みどり  「 けったいな夫婦 」37年の愛情秘話 : 上村洋行
《 メ モ 》  戦後70年記念特大号

平成二十九年七月号  第九十五巻 第七号  ///
平成二十九年七月一日 発行
/ 発行所 : 文藝春秋 / A5判 ・ SC / 編集人 : 大松芳男 /
発行人:鈴木洋嗣 / 印刷人 : 金子眞吾 / 印刷所 : 凸版印刷 / 表紙 題「 木曽川驟雨 」:
松村公嗣 / 目次カット:小田野尚之 / 目次レイアウト:星達也 / 写真提供 : 共同通信 他 /
定価 八八〇円 ( 本体 八一五円 )
司馬関連 :【 大型企画 わたしの師匠  人生の師、仕事の師、学問の師・・・・・・22人の弟子が秘話を明かす 】
 司馬遼太郎 お手伝いさんへの小説指導 : 村木嵐


平成三十年新年特別号  第九十六巻 第一号  ///
平成三十年一月一日 発行
/ 発行所: 文藝春秋 / A5判・SC /
編集人 : 大松芳男 / 発行人 : 鈴木洋嗣 / 印刷人 : 金子眞吾 /
印刷所:凸版印刷 / 表紙 題「 鴟尾夕照 」:松村公嗣 / 目次カット:安野光雅 /
目次レイアウト:星達也 / 写真提供:共同通信 他 / 定価 九五〇円( 本体 八八〇円 )
司馬関連 : 創刊95周年記念 【 大型企画 】( 完全保存版 )文藝春秋を彩った95人
 司馬遼太郎 鉄砲嫌いの刀好き : 山折哲雄
《 メ モ 》  【 完全保存版 】 創刊95周年記念

日本人の肖像 このすがすがしい生き方  12月臨時増刊号 特別版 第八十巻 第十六号  ///
平成十四年十二月十五日 発行
/ 発行所: 文藝春秋 / B5判・アジロ綴じ / 編集人・編集長:高橋一清
/ 発行人:笹本弘一 / 印刷人:足立直樹 / 印刷所:凸版印刷 / 編集部員:飯沼康司・田中貴久 /
編集協力 : 鈴木敬迪 / 表紙画 : 有元利夫「 モデラート 」( 一九七六 )/ 表紙デザイン : 坂田政則 /
カット : 有元容子 / 目次デザイン : 星達也 / 定価 一〇〇〇円( 本体 九五二円 )
司馬関連 :【[ 鼎談 ]この国の人びと 】
司馬遼太郎がえがいた日本人  名こそ惜しけれ : 半藤一利 * 篠田正浩 * 関川夏央
 〔 美学に殉じて生きる男 / 西郷隆盛の大きさ / 竜馬は太っ腹の商社マン? /
  「 一所懸命 」に生きた男たち / 技術家 ≠ヨのあたたかい眼差し / 「 徳 」のある人たち /
   名を惜しみ、死んでゆく男たち / 写真 : 司馬・鼎談者顔写真・土方歳三・西郷隆盛・江藤新平・
   大久保利通・河井継之助・坂本竜馬・正岡子規・乃木希典・大村益次郎・秋山真之・秋山好古 〕
《 メ モ 》  ――
夏目漱石と明治日本 全篇書下ろし−日本人に最も愛された作家とその時代 日露戦争100年
12月臨時増刊号 特別版 第八十二巻 第十六号  ///
平成十六年十二月十五日 発行
/ 発行所: 文藝春秋 / B5判・アジロ綴じ /
編集人・編集長:高橋一清 / 発行人:立林昭彦 / 印刷人:足立直樹 / 印刷所:凸版印刷 /
編集部員:飯沼康司・松下理香 / 編集協力:鈴木敬迪 / 表紙 画:有元利夫「 果物 」( 一九八二 )/
肖像写真 : 夏目漱石( 写真提供 : 神奈川近代文学館 )/ 表紙デザイン : 坂田政則 /
本文カット:志村節子 / 目次デザイン : 星達也 / 定価 一〇〇〇円( 本体 九五二円 )
司馬関連 :【 特別随想 明治のこと 漱石のこと 】  坂の上の明治人 夏目漱石と司馬遼太郎 : 船曳建夫
〔 坂の上の漱石と日本 / 「 亡びるね 」は予見ではなく激励 / 三四郎たちの出世のゲーム /
 「 鬼胎の四十年 」を生きた者たち / 漱石の言いたかったこと / 写真 : 著者顔写真 〕
《 メ モ 》  ――
戦後六十年企画 特集昭和と私 全篇書下ろし−激動の時代を語り継ぐ
 8月臨時増刊号 特別版  第八十三巻 第十号  ///
平成十七年八月十五日 発行
/ 発行所: 文藝春秋 / B5判・アジロ綴じ / 編集人・編集長:飯沼康司 /
発行人 : 立林昭彦 / 印刷人 : 足立直樹 / 印刷所 : 凸版印刷 / 編集部員 : 石原修治 ・ 松下理香 /
編集協力:鈴木敬迪 / 表紙 画:有元利夫 「 遥かなる日々 」( 一九七八 )/ 表紙デザイン : 坂田政則 /
目次デザイン : 星達也 / 定価 一〇〇〇円( 本体 九五二円 )
司馬関連 :【 大特集 昭和と私 】 「 近代説話 」がすべて : 寺内大吉
 〔「 ブディスト・マガジン 」の頃から、司馬自宅への弔問までの、思い出 / 写真 : 著者顔写真 〕
《 メ モ 》  ――
私が愛する日本 全篇書下ろし 8月臨時増刊号 特別版 第八十四巻 第十号  ///
平成十八年八月十五日 発行
/ 発行所 : 文藝春秋 / B5判・アジロ綴じ /
編集人・編集長 : 飯沼康司 / 発行人 : 立林昭彦 / 印刷人 : 足立直樹 / 印刷所 : 凸版印刷 /
編集部員 : 石原修治・松下理香 / 編集協力 : 鈴木敬迪 / 表紙 画 : 有元利夫 「 空のカーテン 」
( 一九八一 )/ 表紙デザイン:坂田政則 / 目次デザイン:星達也 / 定価 一〇〇〇円( 本体 九五二円 )
司馬関連 :【 特別企画 代表的日本人一〇〇人を選ぶ : 杉本苑子*藤原正彦*半藤一利*松本健一 】
 〔 日本人の生き方に影響を与えたひとびと : 聖徳太子 他15名 ( 司馬遼太郎 : ・・・ 歴史の中の良き日本人を
   小説的に描き、勇気づけてくてたことは確かですね。・・・ /
  乃木希典 : ・・・ 司馬さんの『 坂の上の雲 』以来、愚将と言われるようになってしまいましたけど、・・・ )/
  改革者 : 天武天皇 他7名 / 英雄 : 源義経 他8名( 西郷隆盛 : ・・・ さすがの司馬さんも
   『 翔ぶが如く 』でついに描ききれなかったですからね。・・・ )/
  宗教者 : 最澄 他5名 / 文化の創造者 : 柿本人麻呂 他28名 / 輝く女性たち : 額田王 他5名 /
  科学者・教育者 : 関孝和 他9名 / 経済人 : 渋沢栄一 他3名 / 近代を創ったひとびと : 勝海舟 他11名 〕
《 メ モ 》  ――
黄金の10年へ  5月臨時増刊号  第八十五巻 第六号  ///
平成十九年五月十五日 発行
/ 発行所: 文藝春秋 / A4変形判?・アジロ綴じ / 編集人:宇田川眞 /
発行人:立林昭彦 / 印刷人:足立直樹 / 印刷所:凸版印刷 / 編集スタッフ:嶋津弘章・林暁・續大介
・島津久典 / アートディレクター:関口聖司 / デザイン・スタッフ:増田博・関口信介・永井翔・上楽藍・
小島正裕 / 表紙写真:杉山拓也 / 写真協力:東松山市商工観光課 /
JTBフォト / ユニフォトプレス / 定価 九八〇円( 本体 九三三円 )
司馬関連 :[ 現地イタリア・インタビュー ]
塩野七生 ローマ人、司馬遼太郎、そしてリーダーとは! : 構成 津谷洋 / 写真 杉山拓也
 〔 舞台はルネサンスから古代ローマへ / 司馬遼太郎先生の戦争と私の戦争 /
   米軍指揮官に欠如している感覚 / 指導者の言葉、政治家の魅力 / 初期の読者となった教養人たち /
   一〇〇パーセントの悪人はいない / イタリアに住み続ける理由 〕
《 メ モ 》  ――
鮮やかに生きた昭和の100人  文藝春秋創立90周年記念 5月臨時増刊号 第九十一巻 第五号  ///
平成二十五年五月一日 発行
/ 発行所 : 文藝春秋 / A4判変形?・SC / 編集人 : 西川清史 /
発行人:木俣正剛 / 編集部:守屋浩司・谷孝之・大海秀典・海渡雅由 / 編集協力:石井謙一郎・菊地武顕・
臼井良子 / 写真 : 文藝春秋写真部 / アートディレクター : 白石良一 / デザイン : 白石良一 / 坂本梓 /
プリンティングディレクター:坂巻博行 / デザイン:関口信介 / 印刷人:金子眞吾 / 印刷所:凸版印刷 /
定価 一二〇〇円( 本体 一一四三円 )
司馬関連 : 司馬遼太郎  神田古書店、執念の資料蒐集
(表紙 文)  頬を染め 胸を張っていた 輝ける人たちを見よ!
 石原裕次郎、市川雷蔵、力道山から美空ひばり、吉本隆明、長谷川町子、司馬遼太郎まで。
《 メ モ 》  序 文 「 昭和 」 をつくった100人の顔 : 関川夏央 / 志賀直哉 〜 昭和天皇 /
 跋 文  昭和の原風景 ―― 不機嫌な回想 : 内田樹
文藝春秋デラックス増刊 「 昭和50年をつくった700人 」 昭和50年春季号 第二巻 第三号  ///
昭和50年2月10日 発行
/ 発行所: 文藝春秋 / A4判・アジロ綴じ / 編集兼発行人:半藤一利 /
印刷人:澤村嘉一 / 印刷所:凸版印刷 / さし絵 : 牛窪英二 他17名 / 写真 : 秋山庄太郎 他18名 /
編集:半藤一利 他13名 / デザイン・レイアウト:近藤和子 / レタリング : 原理 / 表紙 : 生頼範義 /
表紙 画:有元利夫「 空のカーテン 」( 一九八一 )/ 表紙デザイン:坂田政則 / 目次デザイン:星達也 /
資料提供 : 朝倉彫塑館 他22機関 / 岡本太郎 他6名 / 一二〇〇円
10大ニュースに見る昭和50年 : 写真 浜口タカシ・本誌写真部・共同フォト
 〔 各年10大ニュース / 主なニュース写真 / 新聞記事写真 / 顔写真・80名 〕 /
昭和50年をつくった700人 〔 扉 : 表紙絵人物氏名 / 630名( 五十音順 ): 氏名・写真 又は 画
 ( 作者名 )・人物紹介・執筆者名・略歴 《 顔写真 / 司馬遼太郎 / 執筆者 : 尾崎秀樹 / 略歴 》〕/
「 昭和50年をつくった700人 」索引( 630名 ) 〔 政治・経済 : 浅沼次稲郎 他74名 /
 軍人 : 阿南惟幾 他28名 / 人文科学 : 阿部次郎 他52名 / 自然科学 : 朝日奈泰彦 他53名 /
 思想・マスコミ : 阿部真之助 他37名 / 文学・評論 : 会津八一 他117名 《 司馬遼太郎 》/
 芸術・建築 : 秋山庄太郎 他124名 / 芸能・囲碁将棋 : 渥美清 他96名 /
 スポーツ・探検 : 飯沼正明 他40名 〕/
執筆者( 五十音順 )〔 青地晨 他113名 〕
《 メ モ 》  ――
文藝春秋SPECIAL 賢者は歴史から学ぶ 平成二十一年季刊秋号( 第十号 ) 第三巻 第四号  ///
平成二十一年十月一日 発行
/ 発行所 : 文藝春秋 / B5判・SC / 編集人 : 川村容子 /
発行人:松井清人 / 印刷人:足立直樹 / 印刷所:凸版印刷 / 表紙画:香月泰男「菊花」/
表紙デザイン : 石崎健太郎 / 目次デザイン : 星達也 /
デザイン : 鶴丈二 / 定価 : 一〇〇〇円( 本体 九五二円 )
巻頭随筆 : 平岩弓枝・外山滋比古・直木孝次郎 /
スペシャル・エッセイ 私が学んだ日本史上の人物 : 木田元 他30名 /
松平定知の「 その時、心が動いた 」 名言ベスト20 /
日本史・名誉回復会談 : 半藤一利 * 大和田哲男 * 磯田道史 /
作家の思い 私が生れたかったこの時代 : 津本陽 他9名 /
歴史研究家もも驚いた 私がこの事実に気づいた時 : 三浦佑之 他9名 /
私の好きな歴史小説・時代小説 : 塩川正十郎 他9名
 〔 発想の司馬、郷愁の藤沢、見識の山本周五郎藤原作弥 他 〕/
知られざる十傑 : 島田裕巳 他2名 / 江戸に学ぶ養生法 : 帯津良 /
歴史のなかの老後 : 山内昌之 * 中村彰彦 / 読書案内 名著で読む「 歴史 」: 東谷暁 /
読者のためのSPECIALサロン
《 メ モ 》  ――
文藝春秋SPECIAL 【 決定版 】 知性で戦え 昭和史大論争 日本にはいかなる選択が可能だったのか
平成二十七年季刊秋号( 第三十二号 ) 第九巻 第四号  ///
平成二十七年十月一日 発行
/ 発行所 : 文藝春秋 / A5判 ・ アジロ綴じ / 編集人 : 前島篤志 /
発行人:飯窪成幸 / 印刷人:金子眞吾 / 印刷所:凸版印刷 / 編集協力 : 石井謙一郎 他4名 /
デザイン:鶴丈二 / 表紙写真:沈没した空母「 天城 」( 米軍によるカラー撮影、1946年 )/
定価 九四〇円 ( 本体 八七〇円 )
司馬関連 :【 昭和史大論争 】 司馬遼太郎と三島由紀夫「 国民作家 」の戦争体験 : 福島亮大
〔 従軍した司馬と戦場に行けなかった三島。 対照的な体験は二人の文学にどのような影響を与えたのか? /
  写生と虚構 / 思想不信と破壊願望 / 国家からの遁走 〕
《 メ モ 》  ――

雑誌名 : 別 冊  文 藝 春 秋

第八十四号 特別号  July 1963  ///   「 小 説 」 / 「 雑 誌 / 月刊誌 」 より 再掲
昭和三十八年六月十三日 印刷 / 昭和三十八年六月十五日 発行 / 発行所 : 文藝春秋新社
A5判・平綴じ / 編集兼発行人:小林米紀 / 印刷:柳川太郎 / 印刷所 : 凸版印刷 /
表紙 : 横山操 / 目次絵 : 北沢知己 / 本文カット : 高橋忠彌 / 定価 百三十円
司馬関連 : グラビア 文壇最強チーム  解説 : 十返肇《 2番 右翼手 司馬遼太郎 》
司馬作品 : 千葉周作
《 メ モ 》  特集 文壇オールスター戦
第九十三号 特別号  Oct. 1965  ///   「 小 説 」 / 「 雑 誌 / 月刊誌 」 より 再掲
昭和四十年九月十三日 印刷 / 昭和四十年九月十五日 発行 / 発行所:文藝春秋新社 / A5判・平綴じ /
編集兼発行人 : 杉村友一 / 印刷人 : 柳川太郎 / 印刷所 : 凸版印刷 / 表紙 : 横山操 /
目次カット : 石川滋彦 / 定価 百四十円
司馬関連 : グラビア 芥川賞六人の女流作家  先輩、後輩 : 田辺聖子《 司馬夫妻と司馬邸書庫にて 》
司馬作品 : 特別長篇小説 王城の護衛者
《 メ モ 》  特別長篇小説 他
第一〇七号 特別号  Spring 1969 ///
昭和四十四年三月五日 発行 / 発行所 : 文藝春秋 / A5判 ・ 平綴じ / 編集兼発行人 : 印南寛 /
印刷人:澤村嘉一 / 印刷所 : 凸版印刷 / 表紙 : 堀文子 / カット : 斎藤義重 / 定価 百七十円
司馬関連 :「 近代説話 」紳士録  〈 奇跡 ≠フ同人誌 〉( カット : ? ): 寺内大吉
〔 ― キラ星のごとく並ぶ直木賞作家たち ―  司馬遼太郎氏 / 謎のスポンサー / 黒岩重吾氏 /
  伊藤桂一氏 / 永井路子氏 / 次の受賞者は? / 司馬顔写真 あり 〕
《 メ モ 》  文藝春秋の本 : 歴史を紀行する /
 司馬遼太郎 傑作選 ―― 竜馬がゆく 全5巻・夏草の賦・最後の将軍・燃えよ剣 正続・功名が辻 上下・
  酔って候・殉死・幕末・十一番目の志士・義経・故郷忘じがたく候
第219号  SPRING 1997 ///
平成9年4月1日 発行 / 発行所: 文藝春秋 / A5判・平綴じ / 編集人:明円一郎 /
発行人 : 和田宏 / 印刷人 : 藤田弘道 / 印刷所 : 凸版印刷 / 表紙 : 中島千波 /
目次・本文カット : 藤田桜 / 特別定価 九〇〇円( 本体 八七四円 )
司馬関連 : 特別講演 司馬遼太郎の史観と文学( カット : 藤田桜 ): ドナルド・キーン
〔 河井継之助を描いた『 峠 』から司馬文学の本質に迫る特別講演 〕
《 メ モ 》  直木賞受賞第一作 他
「 司馬遼太郎論 」 / 「 総括評論 」 「 雑 誌 」 あ 〜 さ す 〜 は ひ 〜 ふ へ 〜 ん 反司馬論