ホ  ー  ム 「 著 作 書 物 」 の インデックス 「 関 連 書 物 」 の インデックス
「 司 馬 遼 太 郎 論 」  /  「 総 括 評 論 」 「 書    籍 」 「 雑    誌 」
あ 〜 え お 〜 こ さ 〜 た ち 〜 ほ ま 〜 ん 写 真 集 他 反 司 馬 論

秋山庄太郎  /  朝日新聞社  /  斉藤勝久  /  榊原和夫  /  篠山紀信  /  田沼武能  /  鶴見俊輔
野 上 透  /  林 忠 彦  /  樋 口 進  /  文藝春秋  /  山藤章二

秋 山 庄 太 郎

書籍名 : 作家の風貌 一五九人  ///   ( 内容見本 )
2000年 / 美術出版社 / A4判 ? ( 200 × 298 )
司馬関連 : 表紙に司馬写真
《 メ モ 》  ● 体 裁 : 省 略 / ● 内 容 : 撮 影 = 秋山庄太郎 / 作家素描 = 巖谷大四 / 秋山庄太郎について = 丹羽文雄 / 写真家秋山庄太郎とその写真作品 = 伊奈信男 / あとがき = 秋山庄太郎 / 装幀 ・ 構成 = 田中一光 / 定価 = 三二,〇〇〇

書籍名 : 作家の風貌 一五九人  ///
著者 : 秋山庄太郎 ・ 巖谷大四 / 発行 : 昭和五十三年十月十日 / 発行所 : 美術出版社 / A4変形判 ? ( 200 × 300 ) ・ HC ・ 函 欠 / 発行者 : 大下敦 / 製版者 : 藤倉三紀雄 / 印刷所 ・ 製本所 ・ 製函所 : 凸版印刷 / 装幀 ・ 構成 : 田中一光 / 編集 : 玉田顕一郎 / 定価 : 三二、〇〇〇円
秋山庄太郎について : 丹羽文雄 / 写真家秋山庄太郎とその写真作品 : 伊奈信男 / 作家の風貌一五九人   秋山庄太郎 = 写真 / 巖谷大四 = 文 ( 作家素描 )   【 司馬遼太郎  “ 壺 ” + 自署 : 毛筆 ? 】 / 作家小事典 / あとがき : 秋山庄太郎


朝 日 新 聞 社

書籍名 : 文士の肖像  一一〇人  ///   編 ・ 発行所 : 朝日新聞社 / 発行日 : 一九九〇年六月二十日 / A4変形判 ? ( 210 × 276 ) ・ HC ・ J / 発行者 : 大峡弘道 / 編集 : 出版局プロジェクト室 / 販売 : 出版販売部 / 印刷 : 凸版印刷 / 装丁 : 亀海昌次 / レイアウト : 伊東敏彦 / 定価 4900円 ( 本体 4757 )
司馬関連 : [ 司馬遼太郎 ] ( 秋山庄太郎 ・ 1975年 撮影 )
《 メ モ 》  撮影者と作家一覧 / 作家モノクロ写真 + 作家紹介 ( 一部 資料写真 付 ) / 文士の顔 : 安岡章太郎 / 文学者とカメラマンの戦い : 奥村健男 / 五人の写真家への憶い : 桑原甲子男 / 撮影者紹介 ( 木村伊兵衛 ・ 土門拳 ・ 濱谷浩 ・ 林忠彦 ・ 秋山庄太郎 ) //  主な作品底本 : 『 木村伊兵衛写真全集 昭和時代 』 第一巻 ・ 第二巻 ( 筑摩書房刊 ) / 『 木村伊兵衛名作全集 1 』 ( 世界文化社刊 ) / 『 土門拳全集 9 風貌 』 ( 小学館刊 ) / 『 濱谷浩写真集 学藝諸家 』 ( 岩波書店刊 ) / 林忠彦 『 文士の時代 』 ( 朝日新聞社刊 ) / 秋山庄太郎 『 作家の風貌 一五九人 』 ( 美術出版社刊 ) / 作家紹介作成参考 : 『 日本近代文学大事典 』 ( 講談社刊 ) / 『 新潮日本文学辞典 』 ( 新潮社刊 ) / 『 現代人物事典 』 ( 朝日新聞社刊 )

斉 藤 勝 久

書籍名 : 斉藤勝久写真集  現代の文人  ///   著者 : 斉藤勝久 / 発行 : 1988年3月1日 / 発行所 : 角川書店 / A5判 ・ HC ・ J / 発行者 : 佐藤今朝夫 / 印刷 ・ 製本 : イシグロ高速印刷 / 表紙カバー絵 : 池田少菜子 / 装幀 : 吉野富士彦 / 定価 : 本体 3000円 + 税
献 辞 / 序  斉藤勝久君の写真集に : 山本健吉 / 現代の文人  《 井上靖 他152名 201葉  〔 司馬遼太郎 : 撮影 ・ 1971年 ( 昭和46年 ) 9月27日 / 京都市南区西九条 ・ 教王護国寺にて 〕 》 / 懐しい時間 : 安岡章太郎 / 斉藤さんの写真から 友情滑稽 : 森澄雄 / 人物を見る一瞬 : 馬場あき子 / 撮影私記 / 撮影メモ / 斉藤勝久のフォト ・ プロフィール
(函 文 : 表)  文人153名の氏名 あり

榊 原 和 夫

書籍名 : 榊原和夫写真集 日本の作家たち  ///
著者 : 榊原和夫 / 昭和43年10月25日 第1刷 / B5判 ・ HC ・ J ・ 帯 / 発行所 : 虎見書房 / 発行者 : 虎見恵美子 / 製版 : 共立製版 / 印刷 : 大我堂 / 製本 : 文教製本 / 装幀 : 西田修 / 定価 : 一九〇〇円
司馬関連 : [ 司馬遼太郎 ] + 略紹介
(帯 文 : 表)  現代作家106人の 面貌をとらえた 異色の写真集 【 推 薦 】 有吉佐和子 他12名
(帯 文 : 裏)  無題推薦文 : 巖谷大四 ・ 尾崎秀樹
《 メ モ 》  作家と写真 「 榊原和夫写真集 」 によせて : 奥村健男 / 【 写真集 】 (裏面:略紹介) / あとがき

篠 山 紀 信

書籍名 : 作家の仕事場  ///   著者 : 篠山紀信 / 印刷 : 昭和六十一年三月二十日 / 発行 : 昭和六十一年三月二十五日 / A5判変形 ? ( 150 × 198 ) ・ HC ・ J ・ 帯 / 発行所 : 新潮社 / 発行者 : 佐藤亮一 / 印刷所 : 大日本印刷 / 製本所 : 加藤製本 / 装幀者 : 平野甲賀 / 定価 五〇〇〇円  ///
「 司馬遼太郎論 」 / 「 総括評論 」 / 「 書 籍 / さ 〜 た ( 陳 舜 臣 ) 」 へ 再掲
司馬関連 : 司馬遼太郎 ( 司馬 自筆 )  司馬曼陀羅 : 陳舜臣 / 写真 : 東大阪市自宅にて
(帯 文 : 表 ・ 裏)  収録作家 氏名 : 省略  ///   《 メ モ 》  井上靖 ( 井上 自筆 )  人生の達人 : 北杜夫 ( 作家紹介 ・ 撮影場所等説明 あり ) 他59名 / 撮影後記 ・ データ付 : 篠山紀信

田 沼 武 能

書籍名 : 文士の肖像  ///
著者 ・ 扉題字 : 田沼武能 / 発行 : 一九九一年九月二〇日 / 菊判変形 ? ( 165 × 216 ) ・ SC ・ J / 発行所 : 新潮社 / 発行者 : 佐藤亮一 / 印刷所 : 大日本印刷 / 製本所 : 加藤製本 / カバー印刷所 : 錦明印刷 / カバー ・ シンボル・マーク : 久里洋二 / 定価 1400円 ( 本体 1359円 )
司馬関連 : 序 : 山口瞳 / 文士の肖像 ( 写真 ) 〔 22 司馬遼太郎  昭和39年6月12日 〕 / 撮影雑記帳 〔 22 司馬遼太郎 : 略歴 つき 〕 / あとがき
(カバー 文 : 表袖)  戦後のあつい時代、日本の文化を 築きあげていった 文士たち を撮り始める。 書斎で、作中に描かれた場で、バーで ・・・・・・ 文字通り 体ごとぶつかって撮った 厖大なフィルムから精選された 103人の風貌姿勢。 「 山口瞳 ・ 序文 より : 略 」  戦後文学史の 生きたドキュメント。    (カバー 文 : 裏袖)  著者 略歴 : 省略
(カバー : 表)  伊藤整 / 有吉佐和子 / 川端康成    (カバー : 裏)  五味康祐 / 武者小路実篤 / 立原正秋
書籍名 : 60億の肖像 田沼武能  写真展図録  ///
2004年1月17日[土] 〜 2月22日[日]
/ 東京都写真美術館  //  主催 ・ 発行 : (財)東京都歴史文化財団 東京都写真美術館 / 朝日新聞社 / 協賛 : キヤノン / キヤノン販売 / 凸版印刷 / 富士写真フイルム / 協力 : サッポロビール / 写真弘社 / プロラボクリエイト東京 / A4変形判? ・ アジロ綴じ / デザイン : 柴永事務所(柴永文夫・中村竜太郎) / 印刷 : 凸版印刷 / 製版 : 野口啓一 / 翻訳 : ザ・ワード・ワークス / カバー表 : シエラレオネの少女 ( 2003 ) / カバー裏 : 子どもの日に集まった家族たち アイスランド ( 1978 )
謝辞 /  ごあいさつ / 英文 /  写真家 ・ 田沼武能 : 福原義春 / 英文 /  「 60億の肖像 」――人間ドラマを追い続けて : 田沼武能 / 英文 /  【 図版 】  第1部 ● 戦後の子供たち / Postwar Children /  第2部 ● 文士 ・ 芸術家の肖像 / Portraits of Writers and Artists  〔 司馬遼太郎 1964 ( 昭和39 ) 年 〕 /  第3部 ● 人間万歳 / Hands and Voices /  第4部 ● 地球っこたちは、いま / Children of the World Today /  私の写真人生 : 田沼武能 ( 「 田沼武能略年譜 」 の後に英文 ) /  「 人間賛歌 」 を撮る : 関次和子 ( 「 田沼武能略年譜 」 の後に英文 ) /  田沼武能略年譜
《 メ モ 》  A4判写真展パンフレット折込

鶴 見 俊 輔

書籍名 : 風 韻  日本人として  ///   著者 : 鶴見俊輔 [ 文 ] ・ 藤本巧 [ 写真 ] / 装幀 : 藤本巧 / 二〇〇五年六月二十五日 初版発行 / 発行所 : フィルムアート社 / A5判 ・ HC ・ J / 発行者 : 奈良義巳 / 印刷所 : 三秀社 / 製本所 : 小泉企画 / 定価 [ 本体価格 2800円 + 税 ]
思いだすこと : 鶴見俊輔 / 「 かるた 」 から : 鶴見俊輔  【 神 秘 他6編 】 / 写真 「 風 韻 」 日本人として : 藤本巧  【 人物写真 49葉 / 風景写真 21葉 】  〔 福田みどり / 司馬遼太郎邸 / 司馬遼太郎邸書斎 〕 / あとがき  〔 司馬関連記述あり 〕 : 藤本巧
《 メ モ 》  ――

野 上 透

書籍名 : 野上透写真集  文士一瞬  ///   著者 : 野上透 / 根岸基弘 /  二〇〇六年一月二十日 初版発行 / 編集 ・ 発行所 : 柏艪舎 / 発売所 : 星雲社 / B5判 ・ HC ・ J ・ 帯 / 発行者 : 山本光伸 / 装丁 : 柏艪舎デザイン室 / 印刷 ・ 製本 : 中央精版印刷 / 定価 : 〔 本体 3,500円 + 税 〕
【 肖像写真 】  〔 司馬遼太郎 ( 撮影年月日 : 1984年8月25日 / 場所 : 大阪 料理店 / 同年、日本文学大賞受賞 ) 〕 /  文壇の時代 : 北吉洋一 /  野上透君について : 大久保房男 /  酒を愛し、人を愛し、なによりも写真を愛した男 : 熊切圭介 /  主要参考文献 /  ( 文士 ) 略歴 /  野上透略歴 ( 写真 : 木村恵一 )
(帯 文 : 表)  日本を代表する97人の文士たち――  野上透のカメラは彼らの眼差しの奥にあるものを抉り出す
(帯 文 : 裏)  一瞬 華 時代 記憶 燦 疾駆
(カバー : 表)  三島由紀夫    (カバー : 裏)  向田邦子

林 忠 彦

書籍名 : 文士の時代  ///
著者 : 林忠彦 / 一九八六年四月二十五日 第一刷発行 / B5判 ・ HC ・ J ・ 帯 / 発行所 : 朝日新聞社 / 発行者 : 川口信行 / 印刷所 : 凸版印刷 / 構成 : 岡井耀毅 / 装本 : 木幡朋介 / 定価 : 四八〇〇円
川端康成 他82名 〔 モノクロ写真 + 著者解説 ( 一部 無 ) + 文士紹介 〕  【 司馬遼太郎 】 ( 著者解説 無 ) / あとがき : 昭和六十一年一月
(帯 文 : 表)  人物写真の巨匠 ・ 林忠彦が 撮り、かつ語る 文士83人の素顔
(帯 文 : 表 & 裏)  文士83人 の 氏名 : 省略  ///   《 メ モ 》  撮影時期 : 昭和二十一 〜 四十六年
書籍名 : 文士の時代  ///
著者 ・ カバー写真 : 林忠彦 / 1988年7月20日 第1刷発行 / 1989年7月20日 第2刷発行 / A6判 ・ SC ・ J / 発行所 : 朝日新聞社 / 発行者 : 八尋舜右 / 印刷製本 : 凸版印刷 / 表紙 ・ 扉 : 伊藤鑛治 / 編集 : 岡井耀毅 / 本文デザイン ・ カバー装幀 : 熊谷博人 / 定価 680円 ( 本体 660円 )
井伏鱒二 他120名 〔 モノクロ写真 + 文士紹介 ( 一部 著者解説 付 ) 〕  【 司馬遼太郎 】 ( 著者解説 無 ) / あとがき : 昭和六十三年四月 / 単行本 ( 一九八六年版 を 増補 ・ 改訂 )
(カバー 文 : 裏)  林忠彦 「 あとがき 」 抜粋 : 省略 + 川端康成、谷崎潤一郎、志賀直哉、檀一雄、吉川英治 ・・・・・・ レンズを通して 作家たちの雰囲気を 鋭くとらえた写真文集。    (カバー 文 : 表袖)  著者紹介 : 省略
書籍名 : 文士の時代  ///   著者 ・ カバー写真 : 林忠彦 / 2014年9月25日 初版発行 / 発行所 : 中央公論新社 / A6判 ・ SC ・ J ・ 帯 / 発行者 : 大橋善光 / DTB : 平面惑星 / 印刷 : 三晃印刷 / 製本 : 小泉製本 / 構成 : 岡井耀毅 / 編集協力 : 林忠彦作品研究室代表・林義勝 / 西野厚志 / カバー写真 : 坂口安吾 / カバーデザイン : 山影麻奈 / 定価 ( 本体 1300円 + 税 )
川端康成 他104名 〔 モノクロ写真 + 文士紹介 ( 一部 著者解説 付 ) 〕  【 司馬遼太郎 】 ( 著者解説 無 ) / あとがき : 昭和六十一年一月 / 朝日文庫版あとがき : 昭和六十三年四月 / 父 ・ 林忠彦との思い出 : 林義勝 / 底本 他
(帯 文 : 表)  紫煙のなかの太宰治、織田作之助、坂口安吾、そして川端、谷崎、三島・・・・・・  レンズを通して作家と時代を切り取った 貴重な写真文集 待望の復刊 !    (帯 文 : 裏)  川端康成 ・・・ ( 20名 省略 ) ・・・ 檀一雄  ほか 全105人    (カバー 文 : 表袖)  著者紹介 ( 著者写真 : 撮影 ・ 林義勝 ) : 省略
(カバー 文 : 裏)  紫煙のなかの太宰治、織田作之助、坂口安吾。 そして川端康成、谷崎潤一郎、志賀直哉、三島由紀夫ら、日本を代表する文豪たちがモノクロ写真のなかで微笑み、ときにこちらを見つめ返す。 レンズを通して作家とその時代を鋭く捉えた、伝説の写真文集、待望の復刊。

樋 口 進

書籍名 : 輝ける文士たち  ( 文藝春秋写真館 )  ///
著者 ( 写真 ・ 文 ) : 樋口進 / 発行日 : 2007年2月25日 / A4判 ・ HC ・ J / 発行所 : 文藝春秋 / 発行者 : 白幡光明 / 印刷所 ・ 製本所 : 凸版印刷 / 定価 ( 本体 5714円 + 税 )
司馬関連 : 司馬遼太郎 ( 昭和47年 ロンドンにて ) / 江藤淳と司馬遼太郎 ( 昭和47年 ヨーロッパ講演会、ロンドンにて ) / 司馬遼太郎と江藤淳 ( 昭和47年 ドイツ、モーゼル河畔 ・ エルツ城見物 )
《 メ モ 》  おもかげ 〔 司馬遼太郎 ( 昭和47年 ロンドンにて ) 〕 / 年忘れの会 / 親子兄弟 / 恋女房 / 一家団欒 / ほろ酔い / 講演旅行 〔 江藤淳と司馬遼太郎 ( 昭和47年 ヨーロッパ講演会、ロンドンにて ) 〕 / 有縁奇縁 / 親しき仲 〔 司馬遼太郎と江藤淳 ( 昭和47年 ドイツ、モーゼル河畔 ・ エルツ城見物 ) 〕 / 絵のある風景 / 文壇野球 / 文壇ゴルフ / 賢し女(さかしめ) / 裸のつきあい / 将棋大会 / 俳句会 / 文士さまざま / 小さな家族 / 文士劇 / 小説を創る部屋 / 取材旅行 / 選考会 / 献辞 / 人名索引 / あとがき / 略歴

文 藝 春 秋

書籍名 : 芥川賞 ・ 直木賞第100回記念  作家の顔  オール受賞作家のこれぞ 「 文壇エピソード ・ 写真館 」
///   発行日 : 平成元年7月1日 / A4判 ・ SC / 発行 : 文藝春秋 / 発行人 : 安藤満 / 編集人 : 岡崎満義 / 編集スタッフ : 高橋通公 他2名 / 写真 ( 文藝春秋写真部 ) : 石井正彦 他24名 / 本文 ・ 表紙デザイン : 花村広 / 資料編デザイン : 稲庭迪子 他1名 / 協力 : (財) 日本近代文学館 / (財) 日本文学振興会 / 印刷人 : 鈴木和夫 / 印刷 : 凸版印刷 / 1200円 ( 本体 1165円 )
司馬関連 : 1  ヨーロッパをゆく ( エルツ城 ― 江藤淳と ) / 1  直木賞作家の勢揃い ( 池波さんの受賞パーティ ) / 4  夫婦散歩道 / 5  「 銀信号 」 ( サンケイ新聞文化部にて )
《 メ モ 》  「 作家の顔 」 を読む前に  作家と読者の不思議な親和力 : 岡崎満義 / 【 写真館 】  1 仕事部屋 / 文壇みんなイイ話 : 樋口進 * 石井正彦 * 岡崎満義 ( 以下、2 〜 6 に 分戴 ) // 2 文学仲間 // 3 これが好き // 4 家族の肖像 // 5 もう一人の私 // 6 ある日、ある時 / 平成元年1月 勢揃いした両賞選考委員たち / 芥川賞受賞作初版本全コレクション / 直木賞受賞作初版本全コレクション / 芥川賞 ・ 直木賞受賞作家と候補作全リスト 〈 付 〉 目で見る昭和史 / おわりに  ベタ焼を丹念にルーペで覗いた : 岡崎満義
書籍名 : 昭和を彩った100人  文藝春秋 「 日本の顔 」 傑作選  ///   平成17年9月1日 第1刷発行 / 平成20年4月25日 第4刷発行 / 発行所 : 文藝春秋 / AB変形判? ・ アジロ綴じ / 発行人 : 立林昭彦 / 印刷所 : 凸版印刷 / 写真撮影 : 文藝春秋写真部 / 写真提供 : 毎日新聞社 / 読売ニュース写真センター / 共同フォトサービス / ソニー / 編集協力 : 弘旬館 / 本文 ・ 表紙デザイン : プラス・アイ / [ 非売品 ]
司馬関連 : 司馬遼太郎 ( 略歴付 )  〔 写真 : 奈良女子大近くの古書店にて / 書斎にて執筆中 / 奈良 ・ 春日神社にて / 写真掲載年 : 昭和42年、44歳 〕
《 メ モ 》  『 文藝春秋 』 連載の 「 日本の顔 」 を厳選、再編集
書籍名 : 文春写真館  あのとき、この一枚  ///
編集 : 文藝春秋写真資料部 / 発行日 : 平成22年3月31日 第1刷 / 平成23年6月10日 第2刷 / 発行所 : 文藝春秋 / B5判 ・ アジロ綴じ? / 写真撮影 : 文藝春秋写真部 / 本文 ・ 表紙デザイン : 鶴丈二 / 印刷所 : 凸版印刷 / [ 非売品 ]
昭和天皇が流した涙 他60葉
〔 司馬遼太郎と江藤淳が訪れたドイツの古城 〕 ( 昭和四十七年 : 創刊五十周年記念 「 ヨーロッパ五ヵ国文化講演会 」 )
《 メ モ 》  ――

山 藤 章 二

書籍名 : 人間ころがし  @ すごい人々  ///   著者 ・ 装幀 : 山藤章二 / 一九八九年一月二十五日 第一刷発行 / 四六判変形 ? ( 119 × 187 ) ・ SC ・ J ・ 帯 / 発行所 : 講談社 / 発行者 : 加藤勝久 / 印刷所 : 精興社 / 製本所 : 堅省堂 / 定価 : 八八〇円
司馬関連 : 文士劇四態  文士主役御見立 ( たいはござらぬ ただのおみたて )  〔 弁慶 : 藤島泰輔 / 高師直 : 柴田錬三郎 / 弁天小僧 : 戸川昌子 / 鏡獅子 : 司馬遼太郎
(帯 文 : 表)  凄い人、スッゴーイ人、さすがの人 !!  読む人、見る人、描かれた人、皆んながワクワク、ウーム !!  天才絵師のイラスト ・ エッセイ、ベストセレクト集   山本夏彦氏が絶賛!!
(帯 文 : 裏)  粋である : 山本夏彦  「 免許とりたてヨロシク 」 「 無免許ヨロシク 」 「 熟睡中ヨロシク 」 ―― 以上順々に去るマイカーのうしろに書かれた 「 お願い 」 である。 そして最後の一台には 「 無人運転中ヨロシク 」 とあって運転席に人影がない ( 一二一頁 ) 。 山藤章二のブラック ・ ユーモアの粋である。
「司馬遼太郎論」/「総括評論」 「書 籍」 あ〜え お〜こ さ〜た ち〜ほ ま〜ん 写真集他 反司馬論