ホ  ー  ム 最 新 の 収 蔵 こ だ わ り 情 報 郷之澤文庫 について お 問 合 わ せ

こ    だ    わ    り    情    報


【 1 】 『 坂の上の雲 第三巻 』の「 遼陽 」のくだりに登場する「 落合豊三郎 」について
 
   「 遼陽会戦・首山堡攻撃 」に関わる「 奥軍参謀長・落合豊三郎少将( のち中将 )」への「 記述訂正 」にまつわる
   書籍等を集約した。
    注)「 奥軍 」:「 日露戦争 」時の「 第二軍 」/ 「 奥 」= 奥保鞏(ヤスカタ)中将( のち大将 )

【 2 】 当文庫収蔵の『 竜馬がゆく 立志篇 』の献呈者は、「 水野成夫 」氏か?

   「 姓 」の部分が削り取られ、「 成夫先生 」となっている。
    勝手に「 水野成夫(シゲオ) 」氏への「 献呈署名本 」ではないかと思って居ります。

【 3 】 幻の長編小説『 剣風百里 』について

   休刊のため、幻の長編小説となった『 剣風百里 』の「 初出掲載誌 」を紹介します。

【 4 】 短編小説『 白い歓喜天 』の「 初出掲載誌 」について

   『 白い歓喜天 』は、『 司馬遼太郎短篇全集 〈二〉』( 二〇〇五年五月十二日、文藝春秋 )では
  「『 白い歓喜天 』( 一九五八年七月一日、凡凡社 )。 書き下ろし。」とされている。
    当文庫収蔵の「 初出掲載誌 」と思われる「 雑誌 」を紹介する。

【 5 】 『 街道をゆく 四 』に登場する「 元首相平沼騏一郎 」への「 事実誤認 」について

   「 赤井克己 」氏は、『 街道をゆく 四 』に登場する「 元首相平沼騏一郎 」に関する「 記述 」に、
  「 事実混同・誤解 」が有ることを指摘している。
    これにより、「 事実誤認の記述分30数行を削除 」した「 朝日文庫改訂版が出版 」された。

【 6 】 「 十四代沈寿官氏 」 が献呈した、短編小説集 『 故郷忘じがたく候 』 について

   短編 『 故郷忘じがたく候 』は、十四代沈寿官氏の370年に亙るやみがたい望郷の念等を綴った異色作である。

【 1 】 『 坂の上の雲 第三巻 』 の 「 遼陽 」 のくだりに登場する 「 落合豊三郎 」 について

書籍名 : 坂の上の雲 三 / 昭和四十五年六月二十五日 第一刷  ///   単行本
「 小 説 」 / 「 長 編 集 / 5 」 より 引用
放 火 / 旅順口 / 陸 軍 / マカロフ / 黄 塵 /
遼 陽落合豊三郎への記述は、手厳しい内容となっている 〕/ 旅 順 / 沙 河 / あとがき
《 メ モ 》  ――


書籍名 : 司馬遼太郎全集 ( 文藝春秋 ) 月報 1 〜 32  ///
「 随 筆 」 / 「 推 薦 / な 〜 ほ ( 文藝春秋 ) 」 より 引用
関連 : 司馬遼太郎全集月報28  首山堡と落合 : 司馬遼太郎( 昭和四十八年十一月二十一日記 )
 〔『 坂の上雲 』・「 遼 陽 」の中での落合豊三郎への記述には、「 重大な誤りがあることに気づき、
   その訂正を、とりあえずこの月報でしておきたい 」との記述あり 〕
《 メ モ 》  28巻 : 1973年12月 配本 / 注)当文庫は「 司馬遼太郎全集 」本体の収蔵は有りません。

書誌名 : 孫子例解 全  復刻版 / 著作者 : 落合豊三郎 / 昭和四十九年一月十五日 発行  ///
「 随 筆 」 / 「 推 薦 / あ 〜 お ( 落合豊三郎 ) 」 より 引用
関連 : 復刻の序 : 司馬遼太郎 〔 昭和四十八年十一月 /
  編集者註に、「『 坂の上の雲 』が大きな機縁の一つとなって、序文をお願いした 」旨の記述あり 〕 //
【 折り込み 】首山堡と落合 : 司馬遼太郎
 〔 折り込み・まえがきに、「 司馬遼太郎全集第二十八巻『 月報 』と同文を掲載した 」旨の記述あり 〕
《 メ モ 》  編集者 : 落合秀正( 落合豊三郎ご令孫 )
書籍名 : 坂の上の雲 ( 四 ) / 1978年2月25日 第1刷  ///   文庫本
「 小 説 」 / 「 長 編 集 / 5 」 より 引用
黄 塵 / 遼 陽落合豊三郎への記述は、その著書『孫子例解』を引用する等、訂正した内容となっている 〕/
旅 順 / 沙 河 / 旅順総攻撃 / 関連地図
《 メ モ 》  ――


書籍名 : 坂の上の雲 ( 八 ) / 1978年4月25日 第1刷  ///  文庫本
「 小 説 」 / 「 長 編 集 / 5 」 より 引用
敵艦見ゆ / 抜 錨 / 沖ノ島 / 運命の海 / 砲火指揮 / 死 闘 / 鬱陵島 / ネボガトフ /
雨の坂 / あとがき集 : あとがき一 〜 あとがき / 付・首山堡と落合 / 解説 : 島田謹二 / 関連地図
《 メ モ 》  ――


書籍名 : 定・理  さだめとことわり 〔 三部構成 ・・・『 落合家のひとびと 』・『 高柳保太郎伝 』・
『 随 想
 わが回想は果てしなく 〕/ 著者 : 落合貞正( 落合秀正ご令弟 )/ 二〇〇二年五月十四日版  ///  「 随 筆 」 / 「 推 薦 / あ 〜 お ( 落合豊三郎 ) 」 より 引用
関連 :『 落合家のひとびと 』・ まえがき
 〔『 坂の上雲 』での落合豊三郎への手厳しい記述に関し、兄秀正氏の司馬への記述根拠の確認他の経緯
   披歴し、「 復刻の序 」「 首山堡と落合 」を掲載している 〕/
『 同 』・司馬遼太郎からの手紙兄秀正氏への司馬の返事( 全文掲載 )〕 //
『 随 想 』・晴耕雨読 〔「 著者が、『 坂の上の雲事件 』を契機として、『 落合家のひとびと 』を執筆、
  発行した 」旨の記述あり 〕
《 メ モ 》  『 落合家のひとびと 』: 一九九八年四月十一日 第一版発行 /
 二〇〇二年五月十四日 第四版第三刷発行 /
『 高柳保太郎伝 』: 二〇〇〇年十一月十五日 第一版発行 / 二〇〇二年五月十四日 第二版発行 /
『 随 想 』: 二〇〇〇年十二月二十五日 第一版発行 / 二〇〇二年五月十四日 第四版発行
書籍名 : 坂の上の雲 三 ( 新装版 ) / 二〇〇四年五月十五日 新装版第一刷発行  ///   単行本
「 小 説 」 / 「 長 編 集 / 5 」 より 引用
放 火 / 旅順口 / 陸 軍 / マカロフ / 黄 塵 /
遼 陽落合豊三郎への記述は、その著書『 孫子例解 』を引用する等、訂正した内容となっている 〕/
旅 順 / 沙 河 / あとがき /
付・「 首山堡と落合 」(「 司馬遼太郎全集 」第二十八巻の月報より転載 )/
連合艦隊および第三艦隊編成表 / 日露戦争関係図
《 メ モ 》  ――

【 2 】 当文庫収蔵の 『 竜馬がゆく 立志篇 』 の献呈者は、「 水野成夫 」 氏か ?

書籍名 : 竜馬がゆく 立志篇 / 昭和三十八年七月十日 発行  ///
「 小 説 」 / 「 長 編 集 / 2 」 より 引用
「 姓 」の部分が完全に削り取られているが、「 成夫先生 」となっていることから、
  勝手に「 水野成夫(シゲオ) 」 氏への「 献呈署名本 」ではないかと思って居ります。
《 メ モ 》  水野成夫 : 国策パルプ・文化放送・ニッポン放送・フジテレビジョン・
 産業経済新聞社( 産経新聞 )等の社長を歴任。
司馬関連では、産経新聞掲載・『 竜馬がゆく 』の「 破格の原稿料 」にまつわる話が有名。

【 3 】 幻の長編小説 『 剣風百里 』 について  〔「 初出掲載誌 」( 講談倶楽部: 講談社 )を紹介します。〕

昭和三十七年八月号  第十四巻 第八号  ///
「 随 筆 」 / 「 初出書誌 / 月刊誌(か〜し) 」 より 引用
【 九月号予告 】   □ 新連載 !  剣風百里  作者の言葉
《 メ モ 》  ――




昭和三十七年九月号  第十四巻 第九号  ///   「 小 説 」 / 「 雑 誌 / 月刊誌 」 より 引用
新連載、痛快時代小説 !  剣風百里  目に青葉
〔 鈴木正・画 /  豪快無双の浪人剣客がある奇怪な事件に巻きこまれるきわめて痛快な時代小説
   と作者が予告した如く、第一回早くも剣風吹きすさび、謎の宗十郎頭巾颯爽と登場
   文壇の寵児快心の時代巨篇 !! 〕
《 メ モ 》  編集室から : 剣風百里



昭和三十七年十月号  第十四巻 第十号  ///   「 小 説 」 / 「 雑 誌 / 月刊誌 」 より 引用
連載時代小説  剣風百里  長州の廃邸
 〔 鈴木正・画 / 茗荷紋の浪人を慕いつつ、お由起は外国奉行小栗上野介のいけにえに。〕
《 メ モ 》  読者交談クラブ : 「 剣風百里 」 の感想 ( 山口 志田博一 )




昭和三十七年十一月号  第十四巻 第十一号  ///   「 小 説 」 / 「 雑 誌 / 月刊誌 」 より 引用
連載時代小説  剣風百里  小栗上野介
 〔 鈴木正・画 / 三人の男を手玉にとらんとする、不可解な女、お由起の微笑。〕
《 メ モ 》  ―――




昭和三十七年十二月号  第十四巻 第十二号  ///   「 小 説 」 / 「 雑 誌 / 月刊誌 」 より 引用
連載時代小説  剣風百里  皇帝親書
 〔 鈴木正・画 / お由起が己が体に隠したもの、将軍家へ宛てたフランス皇帝の親書。〕
《 メ モ 》  「 講談倶楽部 」は本号をもって 休刊 〔 愛読者の皆様へ(社告)より 〕




【 4 】 短編小説 『 白い歓喜天 』 の 「 初出掲載誌 」 について

雑誌名 : 文藝大阪 / 昭和三十三年一月十五日 発行  ///
「 小 説 」 / 「 雑 誌 / 近代説話他 」 より 引用
小説  白い歓喜天 〔 司馬遼太郎 / 画・源杏子 〕
《 メ モ 》  ――



書籍名 : 白い歓喜天 / 昭和三十三年七月一日 第1刷発行  ///
「 小 説 」 / 「 中&短編集 / 1 」 より 引用
収録作品 : 白い歓喜天 / ペルシャの幻術師 / 兜卒天の巡礼 / 戈壁の匈奴
《 メ モ 》  各作品の「 初出の記載 」は有りません。



書籍名 : 司馬遼太郎 短編全集 第二巻 / 二〇〇五年五月十二日 第一刷  ///
「 小 説 」 / 「 中&短編集 / 6 」 より 引用
伊賀源と色仙人 / 壺 狩 / 戦国の壺 / 大阪醜女伝 / マオトコ長屋 / 白い歓喜天 / 豪傑と小壺 /
難波村の仇討 / 大坂侍 / 和州長者 / 泥棒名人 / 盗賊と間者 / 十日の菊 / 下請忍者 /
神々は好色である / 法駕籠(ほうかご)のご寮人(りよん)さん /
司馬遼太郎短篇作品通観( 二 ): 山野博史
《 メ モ 》  各作品の「 初出の記載 」有り。
白い歓喜天 は、「『 白い歓喜天 』( 一九五八年七月一日、凡凡社 )。 書き下ろし。」と記載 〕

【 5 】 『 街道をゆく 四 』に登場する「 元首相平沼騏一郎 」への「 事実誤認 」について

書籍名 : 街道をゆく 4  洛北諸道 ほか / 昭和四十九年一月三十日 第一刷発行  ///   単行本
「 紀 行 」 / 「 街道をゆく / 1 〜 10 」 より 引用
【鞍馬街道】 スタスタ坊主 / 花背へ  【洛北諸道】  杣(そま)料理 / 大悲(だいひ)山 / 無名の長州人 /
  山国(やまぐに)陵 / 御経坂(みきょうざか)峠(目次は「下」)
【郡上街道】  追分の道標 / 室町武家のこと / 白川谷の村々  【郡上・白川街道】  五箇山の村上家
【五箇山街道】  山ぶどう  【越中諸道】  立山の御師(おし)
【丹波篠山街道】  長岡京から老ノ坂へ / 丹波亀岡の城 〔 赤井克己氏は、「 大本教の弾圧を決意し、
  実行したのは、当時の検事総長である平沼騏一郎である。」との書き出しから始まる、「平沼騏一郎」への
  一連の「 酷評 」は、「 事実誤認 」に拠るもので、全く的外れと指摘している。
〕/ 篠山通れば / 丹波焼 /
  立杭から摂津三田(さんだ)へ
【堺・紀州街道】  華やかな自由都市 / 氷雨の中の五輪塔 / 隆達節など / 栄華と灰爐 / 樫井(かしい)村付近
【北国街道とその脇街道】  海津(かいづ)の古港 / 記号としての客 / 気比の松原 / 木ノ芽峠の山塊 /
  武生(たけふ)盆地 / 越前日野川の川上へ / 栃ノ木峠から柳ケ瀬へ / 余呉(よご)から木ノ本へ
(帯 文 : 表)  司馬史観ますます冴ゆ
 洛北諸道、丹波篠山街道、郡上街道、白川街道、五箇山街道、越中諸道、北国街道とその脇街道、
 堺・紀州街道。
《 メ モ 》  「 週刊朝日 」 昭和四十七年十月六日号・連載第九十回 〜
 四十八年五月十八日号・第百二十回分 までを収録
書籍名 : 街道をゆく 4  洛北諸道 ほか / 昭和53年11月20日 第1刷発行  ///   文庫本
「 紀 行 」 / 「 街道をゆく / 1 〜 10 」 より 引用
【洛北諸道】  スタスタ坊主 / 花背へ / 杣料理 / 大悲山 / 無名の長州人 / 山国陵 / 御経坂峠
【郡上・白川街道と越中諸道】  追分の道標 / 室町武家のこと / 白川谷の村々 / 五箇山の村上家 / 山ぶどう /
  立山の御師
【丹波篠山街道】  長岡京から老ノ坂へ / 丹波亀岡の城 〔 事実誤認の記述分30数行を削除 〕/ 篠山通れば / 丹波焼 /
  立杭から摂津三田へ
【堺・紀州街道】  華やかな自由都市 / 氷雨の中の五輪塔 / 隆達節など / 栄華と灰爐 / 樫井村付近 /
【北国街道とその脇街道】  海津の古港 / 記号としての客 / 気比の松原 / 木ノ芽峠の山塊 / 武生盆地 /
  越前日野川の川上へ / 栃ノ木峠から柳ケ瀬へ / 余呉から木ノ本へ
(カバー 文 : 裏)  ――
《 メ モ 》  解説 : 牧祥三 //  「 週刊朝日 」 一九七二年十月六日号 〜 一九七三年五月十八日号
書籍名 : コロナ禍でペンが折れそう 86歳  おかやま雑学ノート 【 第18集 】  ///
著者: 赤井克己 / 2021年6月1日 初版発行 / 四六判・SC・J・帯 /
発行 : 吉備人出版 / 印刷 : 三門印刷所 / 製本 : 岡山みどり製本 /
カバ-デザイン : 日下デザイン事務所 / 定価:本体 1200円 + 税
T 知られざる郷土史を掘る  司馬遼太郎の誤解と津山市出身・元首相平沼騏一郎
  ―『 街道をゆく 四 』の事実誤認 ―
〔「 丹波篠山街道 」の項に間違い /
   司法官僚として優秀だった平沼騏一郎 / 政治家としての評価は高くない /
   念願の首相に就任したが・・・・・・ / 誤解された真面目な人柄 / 故郷では強い畏敬の念 / 亀山城に立つ /
   破壊直前の大本教中国別院の写真が岡山・瀬戸町で見つかった 〕 他3編 /
U 歴史の行間を読む  万富東大寺瓦窯跡の史跡公園化 他4編 /
V 岡山のうちそとを歩く  奈良・平城京跡で吉備真備を考える 他3編 /
あとがきに代えて 〔 ぜひともご一読をお願いしたいものとして「 司馬遼太郎の誤解・・・ 」を挙げ、
  その後の朝日新聞の対応等が記述されている。
(帯 文 : 表)  コロナに負けない好奇心・・・・・・  郷土史の空白に切り込む人気シリーズ
司馬遼太郎『 街道をゆく 四 』の事実誤認をただし、イズミ創業者・故山西義政氏との縁を振り返る・・・・・・。
(帯 文 : 裏)  目次から : 省略    (カバ− 文 : 裏袖)  著者略歴 : 省略
《 メ モ 》  岡山エフエム放送の番組「 赤井克己のおかやま雑学ノート 」を出版化 /
「 司馬遼太郎の誤解・・・ 」稿は、『 岡山人じゃが 2020 』に寄稿とある
雑誌名 : 岡山人じゃが  2020  ///
編 : 岡山ペンクラブ( 池田武彦・赤井克己・廣坂武昌・猪木正実・石津圭子・今西宏康・日高一 )/
2020年9月30日 発行 / A5判・アジロ綴じ / 発行所 : 吉備人出版 / 題字 : 稲岡健吾 /
イラスト : 横暮朝美 / 印刷 : 三門印刷所 / 製本: 岡山みどり製本 / 定価:本体 1200円 + 税
///   「 司馬遼太郎論 」 / 「 作品評論 」 / 「 雑 誌 / 反司馬論(岡山人じゃが)」 より 再掲
司馬関連 : 司馬遼太郎の誤解と 津山市出身・元首相平沼騏一郎  ―「 街道をゆく 四 」の事実誤認 ―
赤井克己 〔 ◆「 丹波篠山街道 」の項に間違い ◆ 司法官僚として優秀だった平沼騏一郎
 ◆ 政治家としての評価は高くない ◆ 念願の首相に就任したが・・・・・・ ◆ 誤解された真面目な人柄
 ◆ 故郷では強い畏敬の念 ◆ 亀山城に立つ
 ◆ 破壊直前の大本教中国別院の写真が岡山・瀬戸町で見つかった 〕
《 メ モ 》  前段に「 ( 出版元の朝日新聞出版が )事実誤認の部分30数行を削除した朝日文庫改訂版を
(2020年)7月末にごろに出版するとの回答があった。」との記述あり。
( 2020年8月30日 第5刷発行で改定:朝日新聞出版編集部確認 )
書籍名 : 街道をゆく 4  郡上・白川街道、堺・紀州街道 ほか / 2008年8月30日 新装版第1刷発行 / 2020年8月30日 新装版第5刷発行  ///  文庫本
「 紀 行 」 / 「 街道をゆく / 1 〜 10 」 より 引用
【洛北諸道】  スタスタ坊主 / 花背へ / 杣料理 / 大悲山 / 無名の長州人 / 山国陵 / 御経坂峠
【郡上・白川街道と越中諸道】  追分の道標 / 室町武家のこと / 白川谷の村々 / 五箇山の村上家 / 山ぶどう /
  立山の御師
【丹波篠山街道】  長岡京から老ノ坂へ / 丹波亀岡の城 〔 「 平沼騏一郎への、事実誤認に基づく記述分
  30行程を削除 」
〕/ 篠山通れば / 丹波焼 / 立杭から摂津三田へ
【堺・紀州街道】  華やかな自由都市 / 氷雨の中の五輪塔 / 隆達節など / 栄華と灰爐 / 樫井村付近 /
【北国街道とその脇街道】  海津の古港 / 記号としての客 / 気比の松原 / 木ノ芽峠の山塊 / 武生盆地 /
  越前日野川の川上へ / 栃ノ木峠から柳ケ瀬へ / 余呉から木ノ本へ
(カバー 文 : 裏)  08年版 4 に 同じ
《 メ モ 》  【丹波篠山街道】  丹波亀岡の城 〔「 大本教弾圧事件 」に関し、
 平沼騏一郎に関わる記述が削除・改訂された。
〕( 5刷より改訂したことを、朝日新聞出版編集部に確認 )

【 6 】 「 十四代沈寿官氏 」 が献呈した、短編小説集 『 故郷忘じがたく候 』 について

書籍名 : 故郷忘じがたく候 / 一九六八年十月一日 第一刷 / 一九九八年四月十日 第二十三刷  ///
初版第一刷は、「 小 説 」 / 「 中&短編集 / 4 」 参照
収録作品 : 故郷忘じがたく候 / 斬 殺 / 胡桃に酒
《 メ モ 》  短編『 故郷忘じがたく候 』は、十四代沈寿官氏の370年に亙るやみがたい
 望郷の念等を綴った異色作である。
主宰講座時の署名・押印か?